アラクニド 漫画。 アラクニド 13巻

漫画「アラクニド」のあらすじ(ネタバレ)!組織のボスはいったい誰?

相手の体に貼り付けた14個の磁気鋲を介して発する特殊な電波で特定部位の神経中枢を支配し、生きたまま相手の身体の動きを封じる。 このことに驚いた殺し屋はアリスに興味を持ち 戦いの中でアリスを気絶させ、隠れ家に連れて行った「蜘蛛」という名の殺し屋 蜘蛛のアジトに連れていかれたアリスは叔父を亡くしても帰ろうとしますが 蜘蛛はアリスの言う事には耳を貸さず、自分の部下になるように話をします。 『アラクニド 』登場人物 藤井有栖 ふじいありす 本作の主人公で高校1年生。 凶暴な性格は昔から健在で、小学校で数々の暴力事件を起こしていたが全ては姉の美香を守るためにしていたことである。 蜘蛛との戦いを経て名前を守るために生き、生きるために殺す覚悟を身に着けた後も、蜘蛛糸で拘束して溺死させたと思っていた水黽が生きていたことを知って死んでいなくて嬉しかったと伝えるなど、殺すことへの抵抗はぬぐえない様子を見せていた。 性格は優しく内気で、同級生にも敬語を使うほど。

Next

アラクニド 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

針蟻() 元傭兵で巨針蟻の義父。 キリギリスはアリスの父親からアリスを守るよう依頼を受けている事を伝えます。 この時、せめて苦しまぬようにと蠍から借りた「致死蠍毒」を注入して殺害しており、このことが蠍が「自分が(アリスの)母親を殺した」と発言する所以になっている。 アリスの母親は昨年の暮れ、うつ病で自殺した事で 身寄りのないアリスは叔父のところへ引き取られました。 ・この商品は電子書籍です。

Next

アラクニド 13巻

装着者である蠍が身の危険を感じるよりも速く反応する性能を持つ。 戦後に全てを失った自分に希望を与えてくれたボスに絶対的な忠誠を誓っており、自身の最期の責務を全うすべく「害蟲駆除」を開催した。 そして、アリスとサソリの戦いが始まります。 「砲台固定」から生み出される技は今のところ五通りあり、大きく仰け反り相手に頭突きを喰らわせる「重爆(キャノン)」、「重爆」と同じ体勢から拳を相手の顔面に喰らわす「重弾(ブリット)」、大きく仰け反った際に地面に肘打ちをすることで相手の方へ跳び、そのまま膝蹴りを喰らわせる「爆撃(ボム)」、拳を相手の顔面に喰らわせそのまま地面に叩き付ける「杭撃(パイル)」、寝ている状態から起き上がり背後に肘を振り下ろす「斧撃(トマホーク)」がある。 自身の毒が効かない芋蟲に興味を抱き、自分の手で解体してやりたいと彼女に執心する。

Next

漫画 キャタピラー

「組織」に所属する殺し屋の一人であり、「雀蜂」から学校周辺の仕切りを任されている人物です。 屈曲自在な直径5mmの操作管の先端に毎秒10万回転する極小の鋼鉄ドリルが付属した「蓬菜果錐(フィグレット)」を鞭の如く操り、相手の肉体を貫通させて蜂の巣にする。 百足() 蜘蛛狩りに参加した蟲の一人。 また、芋蟲と同じ「適応性変異体」であるが、毒の耐性は芋蟲ほどではないため、毒が体に入ると仮死状態になることがある。 カマドウマが出てきたあたりから とにかく様々な蟲が登場してくるので なんだかわけが分からなくなってきますが キャラクターが登場してきて、色々な技や能力を使うたびに 蟲の解説をしてくれるので、それが面白くなってきます。

Next

漫画 キャタピラー

螽蟖() 男子生徒に扮した美青年。 【このレビューはネタバレを含みます】 蟲の特性を活かしたバトル。 大鍬形と同様に姫鍬形の妹を自称する。 そのため、蠍に刺された時、殺されたと思われていたが、仮死状態になり生き延びていた。 学校の屋上にて軍隊蟻を殺し「蜘蛛狩り」を終わらせたアリスと対峙し、蜘蛛糸を無効化する自身の能力でアリスを追い詰めるが、アリスの「蜘蛛牙」を喰らい敗北し、アリスにボスの正体を教えようとしたところをボスの命令を受けた銀蜻蜒に狙撃され殺害される。 書誌情報 [ ]• 蟲たちの仕事前の集中力を高める役割を担っており、いかなる手練であっても快楽に溺れさせるならぬ「忘蟲術」を得意とする。

Next

漫画「アラクニド」を全巻無料で読む方法|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

『アラクニド』では名前のみしか登場しなかったが、『キャタピラー』の平鍬形戦で初登場した。 秘密クラブ「AGEHA」を経営し、国内最大級の豪華客船「鳳蝶」を私有するなど「組織」に匹敵する経済力を有しており、「組織」を介さない独自のルートで他の蟲を呼び集めて「害蟲駆除」を開催した。 有栖はほどなくして恩人である蜘蛛を倒すという試練を乗り越えたが、その蜘蛛の遺言に従い己の名前を捨てることを拒み「組織」への加入を拒否。 しかし、母の死への回想を経て覚醒したアリスの前では「能力に依存して単調な戦術をとる恰好の獲物」に過ぎず、翻弄された末に自身の左脚に巨蟻針が刺さった状態で拘束され敗北する。 作中では、就寝前にアリスが蜚蠊の小指に結んだ蜘蛛糸を振動を鈍化させつつ外して、アリスに気付かれることなく布団を抜け出すことに成功した。

Next