エロゲー 声優。 Kanon (ゲーム)

女子高生がエロゲー声優に、紺野あずれ「こえでおしごと!」が月アクでリブート

17歳 [ ]。 真琴の正体を知っている。 2000年9月発売• 他、ゲームには登場しない、オリジナルキャラとして過去に主人公が好きだったお姉さん「沢渡 真琴(さわたり まこと)」(ヒロインの沢渡 真琴とは別人)が登場する。 2008年以降出荷分より。 (第22 - 24話収録) 2007年8月1日発売 PCBX-50820 Blu-ray BOX [ ]• にはPS2版(レーティング12歳以上対象)もとして発売された。

Next

Kanon (ゲーム)

教室では、祐一のすぐ後ろの席に座っている。 (第4 - 5話収録) 2002年6月7日発売 VHS(MAVP-1103)/DVD(MABP-7003)• ゲーム関連書籍 [ ]• 公式原画・設定資料集「The Ultimate Art Collection of "kanon"」解説コメント• (第8 - 9話収録) 2002年8月2日発売 VHS(MAVP-1105)/DVD(MABP-7005)• シナリオ - 久弥直樹、• オープニング映像は1話と最終回のみフルで、それ以外の回ではアバン映像にシナリオの一部を読み上げるパターンから、相沢祐一をはじめとする主要キャラクターに1人ずつズームしていく構成である。 DVD-BOX(7巻セット、全13話収録) 2004年12月22日発売 DVD(FCBC-9001)• 佐祐理自身その事を悔いており、彼の死がきっかけで佐祐理は愛想笑いをするようになった。 特別編の14話「風花」(かざはな、テレビ未放送)は、最終回のラストシーンの補足と各ヒロインのその後が描かれたオリジナルエピソードで、特典にして重要な役割を持つエピローグである。 2002年7月27日発売 Kanon ホントの想いは笑顔の向こう側に 『』にてVOL. 2010年6月6日閲覧。

Next

女子高生がエロゲー声優に、紺野あずれ「こえでおしごと!」が月アクでリブート

成績が良く、舞とは対照的にいつも笑顔で人当たりが良く社交的な事から、学校では人気者。 しかし、香里がすぐに戻ってきたため、何の部か言わぬままうやむやにされた。 血液型はA型。 ただしPSP版では変更不可)。 アニメ公式HPの感想書き込みページに最終回の名雪がかわいそう、扱いが悪いなどのコメントが多数書かれることになり、「風花」は名雪の話を補完するために作りましたとの公式からコメントが出された• ファンディスク 2003年8月13日発売 DVD(初回限定版MABP-7012/通常版MABP-7013)• 映像フォーマットは。 7年前まではよく訪れていたにも関わらず、彼には当時のことが思い出せずにいた。

Next

女子高生がエロゲー声優に、紺野あずれ「こえでおしごと!」が月アクでリブート

明確な口癖は明らかになっていないが、「言葉通りよ」というセリフを多用している。 理由を思い出せないもののなぜか祐一を憎んでおり、つきまとったあげく倒れてしまい、水瀬家に居候することになる。 なおDVD初回限定版の特典として、原作スタッフのコメンタリーが収録されている。 夕暮れの「雪の街」に現れる少女。 音楽は担当のによる本作オリジナル楽曲と原作楽曲を神津がアレンジしたものが混在する。

Next

Kanon (ゲーム)

アニメ版 京都アニメーション版 でのあゆが鯛焼きを食べるシーンが海外での鯛焼き普及のきっかけのひとつになった、とNHK「所さん! 大変ですよ」で2016年11月10日の放送で取り上げられ、2017年3月9日の放送で再び取り上げた時は、とあゆが会話するシーンが放映された。 動物好きな一面もある。 祐一の下級生で1年生。 小学生の頃にをやっていたと語っているが、それが活かされた場面はない。 名雪の親友で祐一のクラスメイト。 映像フォーマットはアナログ放送。 シナリオについても原作が特に意識されており、1枚絵で表現されたシーンを再現する演出が数多く取り入れられ、主題歌・BGMも、Keyスタッフ作曲のもの(半分は、原作で使用され、に収録されているもので、ほかに『anemoscope』、アレンジベストアルバム『recollections』、ピアノアレンジアルバム『Re-feel』、コンピレーションミニアルバム『Ma-Na』から)が使用されている。

Next

Kanon (ゲーム)

学校の風紀を乱す者を嫌う生徒会長を地で行く性格で、舞を目の敵にして処罰しようとする一方、佐祐理に対しては生徒会への取り込みを謀っている。 通称「謎ジャム」と呼ばれており成分などは不明。 祐一の安眠を妨害する上、返り撃ちに合ったとき、驚いて大声で叫んだりして秋子などの周囲の人物を起こしてしまう等、迷惑をかけてしまうことも多々ある(秋子はそれほど迷惑がってはいない)。 血液型はO型。 また、前作よりも話数が多いこともあり、原作のエピソードをより多く組み込んでいる。 美術デザイン - さわだえいこ• 企画 -• 2013年11月26日閲覧。 祐一とは7年前にまた会う約束をしており、それをずっと信じていた。

Next

女子高生がエロゲー声優に、紺野あずれ「こえでおしごと!」が月アクでリブート

音響監督 -• 倉田 一弥(くらた かずや) 声 - 佐祐理の弟、原作の佐祐理ルートでは名前のみの登場。 2012年12月8日閲覧。 」と懇願されたことから物語が動き出す。 編集 - 坂本雅紀• 公式サイトでは「恋愛系は奥手らしい」という記述があるが、作中でそれらしい描写はない。 一緒にいるときはたいてい、真琴の頭の上に乗っている。 以上、販売元:、発売元:ムービック• シナリオライターの1人であるが活動で出版した、非公式のアナザーストーリーもある。 口癖は「そういう(そんな)こと言う(する)人、嫌いです」。

Next