飯田 線 時刻 表。 飯田|名鉄バス

各駅の時刻表|JR東海

(伊那北駅 - 高遠駅間に計画されていた鉄道)• (3年):東新町駅が開業。 :伊那八幡駅 - 毛賀終点仮停留場間(0. 駅数:94駅(起終点駅含む)• 他の共同運行会社の加入状況につきましては、 予約サイトまたは各社ホームページにてご確認ください。 (昭和58年)• 2 107. 上:上諏訪• 木ノ下駅開業。 :西豊川支線 豊川駅 - 西豊川駅間が廃止。 :伊那北駅 - 伊那町駅間が延伸開業。 西町駅・羽場駅が移転。 4 122. なお、この難工事成功の実績により、熊谷三太郎は自立に成功、戦後にとして成長する地歩を築いた。

Next

各駅の時刻表|JR東海

「飯田線で土砂崩壊」『日本経済新聞』昭和25年7月15日3面• 柿平停留場・池場停留場・三信上市場停留場・早瀬停留場・我科停留場・開善寺停留場・高遠原停留場・伊那赤坂停留場・大田切停留場・入舟停留場・西町駅が廃止。 0km - 3. 2 160. 1 195. 測量には、民族の測量士で山地での測量技術に長けたらが高給で招聘されて従事した。 4 km - 1943年廃止• )、1968年以降は全車との「」の順だった(1978年転入の80系300番台のみ例外で「湘南色」のまま運用された)。 32 km)が延伸開業し豊橋駅 - 大海駅間全通。 (30年)• 三輪村駅(現在の東栄駅)が開業。 伊那大島駅が開業。

Next

新宿線

1934年(昭和9年):入舟町停留場を入舟停留場に改称。 :長山駅が開業。 4 新町停留場 -1923 194. 9 km が延伸開業。 運輸安全マネジメント(安全方針) 取り組みの詳細はでご紹介しています。 4月1日:愛知電気鉄道が豊川鉄道の小坂井駅 - 豊川駅間に乗り入れ開始。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 特急「」、臨時急行「」、臨時急行「」のほか、特急「伊那路」の間合い運用として一部の普通で運用。 信号所を信号場に改称。

Next

飯田|名鉄バス

- 臨時列車のみ。 :元善光寺駅 - 飯田駅間(2. 前者は新城行きの片道のみの設定で、1991年より夕方に当時の大垣電車区に配属されていた3両編成を使用し、東海道線内は普通、飯田線内は快速として運転されていた。 - 臨時列車のみ。 (大正15年)• 6M が延伸開業。 特に期以降に建設・延伸された区間については、この時代に各地において盛んに行われた建設に伴う資材の輸送を担うべく延伸が促進されたものであり、合わせて早期にが行われる一因ともなった。

Next

飯田|名鉄バス

97 km)が延伸開業。 3 130. 急峻な地形を縫う線形から、過去にはしばしば鉄道事故が発生した。 国鉄編入前から既に電化されていたため、臨時列車や団体列車、気動車で運転していた一部の中央本線の急行と併結運転していた急行・準急列車以外でやが走ったことは少ない。 3 148. ただし辰野駅は(JR東日本)が鉄道資産を保有し、上り場内信号機が資産上の境界となっている。 (平成13年)• 共用区間の運行管理は上下線ともJR東海が行っており、基本的に飯田線列車の運行が優先され、名鉄名古屋本線の列車は1時間に最大6本に制限されている。 豊川鉄道と同年に電化されている。

Next

飯田|名鉄バス

5 205. 「電車が天竜川に転落 飯田線の鉄橋で」『日本経済新聞』昭和30年1月20日• を利用する場合等で、普通列車だけを乗り継ぐ場合、からでに行き、に乗り換えでに乗り換え、・方面を目指す方が所要時間が短い場合がある(逆ルートも同様)。 伊那本郷駅・七久保駅が開業。 飯田駅以北でのみ運用。 御殿場線(国府津〜沼津)• 国有化以前は以下の項目を参照。 2 104. :辰野駅 - 西町駅間(軌道線)が開業し国鉄辰野駅に乗り入れ。 ただし、JRの場合は他の私鉄各線とは違って運賃体系が複雑で、普通運賃の場合、JR東日本・JR東海・JR西日本(本州3社)と、JR北海道・JR四国・JR九州の各社でそれぞれ異なります。

Next

名古屋線

太多線(多治見〜美濃太田)• (明治31年)• (大正2年):伊那町駅 - 宮田駅間(5. 日本貨物鉄道が豊橋駅 - 豊川駅間、元善光寺駅 - 辰野駅間の第二種鉄道事業者となる。 ディーゼル機関車• 7 km• :準急「伊那」「天竜」「赤石」を急行化。 3km 廃駅 [ ] にある駅を除く。 戦後の1956年(昭和31年)に廃止され、海軍工廠跡にできた国鉄名古屋工場豊川分工場の専用線となり、さらに同工場廃止後は豊川製作所の専用線として同所で製造された鉄道車両の搬出などに使われている。 アプリが持っている便利な機能としては、指紋認証(Touch ID)を利用して、スピーディーにログインする機能などがあります。

Next