ゆっくりぎゃくたい 小説。 ふたばの餡庫

anko4469 おおきな実ゆっくり

相変わらず野良ゆっくりってのは頭も品も悪くて困る。 全部食べろよ」 それには青いビニールがかかっており、中は見えなかったが、 部屋の真ん中でこんもりと盛り上がり、ボリュームを伺わせた。 再び元の部屋。 そもそも東方の二次創作物の著作権はその製作者に帰属するとされており、ZUNがゆっくりに対する著作権を放棄した、と捉えることもできる。 だが、でいぶはそんな事にも気がつかないくらい動揺し、自らの子を目の前に、百面相のように表情をコロコロと変えて大慌てだ。 全員が吐き出しているので急がなければならない。

Next

anko4469 おおきな実ゆっくり

「ゆっぷっぷ!なんなの、このぶさいくで、ゆっくりしてないゆっくりは?みじめであわれで、とてもみていられないよ!!」 「ゆっびゃぁぁぁぁ!おかーしゃぁぁぁ!まりちゃなのじぇぇぇぇ!ぷりちーでかっこいい、まりちゃなのじぇぇぇぇ!ここからだちてよぉぉ!たしゅけてよぉぉぉ!!」 「どーちてしょんなこというのぉぉぉ!れーみゅは、おかーしゃんのかわいいれーみゅでしょぉぉぉぉ!!」 透明な箱に、飾りを持たない二匹の子ゆっくりが入っている。 したがって、ゆっくりが巨大化するときは、それらのアクセサリーも共に巨大化することになる。 すると、飼っているゆっくりが飛んでくる。 411票• 始めて訪問された方は、サイト上部のメニューから このサイトについてと 初心者マニュアルに必ず目を通してください。 そうとも知らず、己の強さと未来を信じ、でいぶはひたすら揉み上げを振るい続ける。 各種グッズを買った時に付属サービスとして付けられたものであったりする。 そしてでいぶになったれいむが次にした事は、これまたテンプレ的な野良とのけっこん&子作りである。

Next

やたらいたぶるゆ虐って趣が無いよな

最初は白目を剥いて口内に吐瀉物を溜めるばかりだったが、 やがて諦めたのだろう、一刻も早く消化して苦痛を終わらせようとしはじめた。 でいぶは急に顔色が悪くなり、ガタガタと震えながら揉み上げをワサワサと震わせる。 「おねがいしまず~。 時にはそれで親ゆっくりが死んだりする事もあるほどだ。 逆に、酸味・辛味・苦味などの刺激物は忌避する。 明日も一緒にゆっくりしような……まりちゃ……。 青年は野良親子のやり取りを見てニヤニヤと笑いながら、子ゆっくり達に語り始める。

Next

anko4469 おおきな実ゆっくり

326票• 「確かこの辺に、ゆっくり回収BOXは無かったはずだ。 家族を持って幸せそうにしているゆっくりたちを描いた上で殺す。 314票• 」 そう言いながら、鉄鎚を振り下ろす。 頬張られたそれは、一体どんな味なのだろうか。 生き物ではなく饅頭やオモチャとかかれるときもある。

Next

#ゆっくり虐待 【ゆ虐】冬先取り

まりちゃは死んでいた。 俺の視線を受けた次の子まりさが、 言葉を発することができないまま、体全身を蠢かせて慈悲を乞い始めた。 楽にしてやろ う。 だが、本心ではそうではないので。 ちなみに、その部分のしつけはされていないパックをもらった。 そう、何を隠そう俺は虐待鬼威惨だ。

Next

ゆっくり虐めを創作する人のマインド考察

でいぶは少しげっそりとした顔になり、歯を食いしばってガタガタと震え始める。 そして金バッジだ。 ちゅ!ちゅっち! するとその痛みを紛らわそうとしているのか、実ゆっくりは先程よりも勢いよく砂糖水を吸い上げた。 314票• 最も大きな開口部は摂食や発話を行うための「口」である。 335票• 351票• 「いだい、いだい、いだいぃぃぃぃぃ!ゆっぎゃぁぁぁぁぁ!ぼうやだぁぁぁぁ!おうぢがえるぅぅぅぅ!!」 痛みに身をよじり、涙としーしーを垂れ流し始める親まりさ。 今ではゆっくりはまさに『社会の潤滑ゆ』であり、『産業の餡』として欠かせないものとなっている。

Next

anko4115 呪われゆっくり

ゆっくり専用 のゴミ箱だ。 「ゆはぁ…ゆぜぇ……」 「さて、れいむもう一本いこうか…」 釘の先をれいむに刺し、鉄鎚で打つ準備をする。 どうやら私もこの奇妙な生命体を弄び放題にできる楽しい『飼いゆっくり』にすっかりハマってしまったようである。 だから当然、今目の前にいるこの野良一家も虐待するつもりだ。 この「ゆっくり」は、少し憎たらしい表情をした奇形の 生首だ。 ゆっくりの中でも、とはもっとも一般的であり、特別有名な存在である。 輪は、成体サイズの子まりさの口をぎりぎりの限界まで広げられる大きさだ。

Next

ゆっくりしていってね!!!

吊るされたままの子まりさの口をこじ開け、 鉄の輪を強引に口にねじ込んだ。 大体、五百円ぐらいだ。 -- 虐待おねーさん 2017-09-04 月 23:27:06• 「えぎょおお!!あい!!ぃいいいいあいいいいぎゅううぐううーっ!!!」 次に、新しい道具を持ってくる。 その二次創作作品の多くでは、ゆっくりは信じられないほどのバカ扱いで、気まぐれな性格と少し憎たらしい顔で何をやっても笑いで終わる。 「食ったらうんうんだろ ? お前らは」 「しょーにゃんだじぇ ! まりちゃはゆっくちおトイレできるんだじぇ !」 「おトイレはこの中な」 と、腹いっぱい食って若干なすび状になったまりちゃを持ってトイレの入口に置いてやる。 310票• だが、実ゆっくりの数が増えたり、このような巨大な実ゆっくりが一気に餡子を吸い上げれば、親ゆっくりにかかる負担が増大する。

Next