壁貼りラプラス。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策

【剣盾】【対戦】ラプラスとパッチラゴンの並び非常に多いぞ…しかしこいつが一貫しているw

数値受けを崩す手段になる上に「キョダイセンリツ」を威力130で撃てるようになる。 【選出】 勝因の多くは鉢巻ダルマが考慮されずぐちゃぐちゃにできることが多く、対でを誘発でき、ラストのピクシーで完全にるる積ます試合が多かったです。 第8世代では自爆だけ覚えるポケモンも多い。 また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。 短所 火力強化が出来ないので、少し火力不足。 対ラプラス 注意すべき点 殴り合うとキョダイセンリツによる超高耐久で歯が立たず、かといって受けに回ると一撃必殺技で潰される。 安定火力ならいのちのたまを採用 前述のじゃくてんほけんはあまりにメジャーで相手側も警戒し、ラプラスの弱点を安易に突いてこない場合が多々ある。

Next

【ポケモン剣盾】ロンゲ壁貼り構築の紹介【ガラルビギニング】

ギルガルドにも強いし。 特性は好みで すりぬけなら 身代わりやひかりのかべを無視して攻撃できる。 ドラパルト(リフレクター、ひかりのかべ)()• 急所に当たらなければ! ・おわりに 敬体で記載 ここまで読んでいただきありがとうございます。 基本的には初手で壁展開することが多いですが、上位勢では2番目から壁展開するパターンもちらほらみかけます。 試運転をする中で下記の通りメンツを入れ替えた。

Next

役割別考察/壁張り

これにはひかりのねんども適用されるため、のように後続サポートとして考えても優秀だが、自身の耐久を底上げしつつ攻撃もこなせるため、単体で考えても極めて強力。 耐久力は高いとは言えないものの、早期退場できると考えればメリットにも捉えられる。 ・壁貼り応用編 初手に出てきやすいポケモン全ての安定行動を記載。 ぜひ使ってみてください。 高耐久で受け切る 鈍足の高耐久ポケモンでラプラスを相手にする場合は「ぜったいれいど」の存在が怖い。 キョダイマックス技 変化する技タイプ 解説 キョダイセンリツ こおり 味方の場をオーロラベール状態にする。

Next

【ポケモン剣盾】「キョダイラプラス」ってシリーズ3で解禁されたら環境トップメタ間違い無しだよな…

ギャラドスはアーマーガア+ドヒドイデのような物理受けサイクルにめっぽう弱く、一方的にダイマックスターンを枯らされて不利な状況を作りがちなポケモンです。 ひかりのねんどによって壁ターンを伸ばす事も可能。 補完ポケモンの枠には、 初手のドラパルトが何もできずに上から倒されてしまう相手ポケモンに対しての引き先を選びます。 ほろびのうた 無 - 起点化回避。 (ただ、このウオチルドンはいじっぱりHAぶっぱで火力寄り調整です。 時間を稼ぐ 強さの源がターン制限付きの高耐久力なので、キョダイマックス・オーロラベールが切れるのを待つ。

Next

役割別考察/壁張り

本記事に興味を持っていただきありがとうございます。 対面構築ほどではありませんが序盤の動きはあらかじめ決まっており、選出パターンさえ把握すればある程度使いこなすことが可能なので、この記事を片手にぜひとも使用していただければと思います。 特殊型にも。 ラプラスダイサンダー:ウオチルドンサイコファング• 壁を貼ったらなるべく速めに退場(倒される、自主退場、交換)• かみなり 優秀なサブウェポン。 4倍弱点がない• キョダイセンリツ前ならはりきり珠ダイロックでB252ラプラスを確殺。 キョダイラプラスが解禁されたら環境はどうなる? 【ポケモン剣盾】シングルバトル環境考察スレPart47 引用元:. キョダイマックスは1度限りであり、ラプラスが積み技を所持していることもほぼないため、ターン数を稼ぐことは有効に働きやすい。

Next

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策

1つは 壁を貼った後に壁貼りポケモンを切らずに残し、壁が切れた後にもう一度壁を展開できるようにする 方法、もう1つは、 壁を貼った後「のろい」で退場できる体力の場合はすぐに「のろい」で退場する 方法です。 技「あくび」 積んできた相手に放ち無理やり流す。 ドリュ、ナットあたりにも有効な打点になるのだが、ドリュはつのドリル連打があり対面不利、ナットはそもそも環境から姿を消したので見る必要がなかった。 対面したポケモンによって壁を貼り分けて後続に繋ぐ。 バンギに対して圧をかけられるポケモンが少ないパーティなので最高打点となる飛び膝を採用したが一度も撃たずという結果。 砂パに対してはシュカのみを持ったウインディでおにびをバンギラスに打ちラプラスの技でオーロラベールを貼りながらローブシンやサマヨールで戦います vsリザードン ラムのみミミッキュと襷バンギラスやラプラスとサマヨールでなんとかします。 クセがなく使いやすいパーティなので、安定行動を理解すば初心者の方でもマスターボール級に行けるはず。

Next

【ポケモン剣盾】ウオチルドンの育成論と対策【ラプラス流しのカセキメラ】

実数値:• エース(トゲキッスなど)を出して積み技(悪巧みなど)を積む• 個別紹介 ドラパルト 特性 すりぬけ 性格 おくびょう 持ち物 ひかりのねんど 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:108 特攻:0 特防:0 素早さ:148 実数値 195-112-109-120-95-199 技 シャドーボール リフレクター ひかりのかべ のろい 調整意図 S:素早さ1段階上昇後の準速トゲキッス抜き 解説 高い種族値と耐性を持つからこその壁貼り型 壁貼り要員の持つ性能として最も重要なことが先制で壁を貼ることですが、ドラパルトは142という高い素早さ種族値によってほとんどの場面でそれを可能とするポケモン です。 60族抜き抜き等で調整している耐久振りキッスの上を取れることがあった。 天然警戒。 ほろびのうたは起点回避に使え、ダイマックスへの牽制にもなる。 自身は相手を火傷にする手段を持たない。

Next

【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策

雷とを期待以上に当ててくれた。 いくらラプラスが強いと言われようと、実践で初投入というのは非常に勇気が要る行為である。 有利対面での安定技「みがわり」 ニンフィアの技「みがわり」は主に 特殊ポケモンとの対面で使用し、上手くいけば大きなアドバンテージを得られる強力な技です。 他水ポケモンの例に漏れず、雨を消してしまう点もマイナス。 技「ちょうはつ」 こちらも自身が起点化されるのを防ぐ。 。 つのドリル:トゲキッス対面でダイアタックとして打つことで、S上昇させずにダイスチル圏内に入れることが可能。

Next