プジョー 新型 208。 プジョー208のモデルチェンジ 2020年10月に日本市場へ投入されEV車も登場

新型プジョー208が登場!先代より更におしゃれで安全性能アップ!

新型 PEUGEOT(プジョー)「208」の安全装備 新型 PEUGEOT(プジョー)「208」の安全装備、現行モデルの安全装備を比較してみましょう。 プジョーは元々長距離運転時の座り心地やドライブフィーリングには定評があるのでそこが変わらず安定感があったのはよかった点です。 航続距離:340km(WLTPモード)• 先代の車種「207」より、ボディサイズが縮小されましたが、室内空間と荷室空間は拡大されています。 なお、新型プジョー208はまだ正式発表前です。 中間グレードのアリュールは、1万8850ポンド(244万円)からという価格設定だ。 「航空機のコックピット」をイメージしたという大きめサイズのサイドブレーキレバーにも赤いステッチ。

Next

【プジョー新型2008】2020年フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、電気自動車e

2LのNAとターボの2種類で、スペックは以下の3種類となります。 5Lターボの1種類で、スペックは以下のとおりです。 e208(電気自動車):約320万円 プジョー新型208の価格は、装備の充実により前モデルからアップしています。 この春にも発売されるぞ。 また、EVモデルには専用のスマートフォンアプリが用意され、乗り込む前からヒーターやクーラーを作動させることができるようになっています。

Next

新型PEUGEOT(プジョー)208フルモデルチェンジ情報~パワートレイン、ボディサイズ、安全装備を現行モデルと比較してみた

一回の充電による最大航続距離は約430kmです。 ということで、まだまだ明らかにされていない部分もあるが、お披露目された新型「208」および新型「e-208」を中心にレポートしてみたい。 新型 PEUGEOT(プジョー)「208」のボディサイズ 新型 PEUGEOT(プジョー)「208」のボディサイズと、現行モデルのボディサイズを比較してみましょう。 ホイール周りには、黒いフェンダーアーチモールが装着されていてタイヤ周りがとても大きく見えます。 その他、ドライバーアテンションモニタリング、制限速度認識、アクティブブラインドスポットモニタリングなどを採用することで、安全性が高められました。

Next

新型プジョー208日本発表 EV版「e208」も 内装/後席/荷室を撮影 2020年発売へ

安全装備の一覧(新型と現行モデルを比較) ・新型「208」• プジョー208のボディサイズ比較 新型 旧型 全長 4,050mm 3,962mm 全幅 1,750mm 1,739mm 全高 1,470mm 1,460~1,470mm 旧型のボディサイズは全長4メーター以下でしたが、新型208では4,050mmとなっています。 地図を用いたナビはもちろんのこと、Apple CarPlayやAndroid Autoを使ったミラーリングや操作が可能です。 実にフランス車らしいオシャレなもので、最初にこれを見たとき、本当にときめきました。 パークアシスト 自動ブレーキは、おそらく新型「508」にも搭載されている最新装備が搭載され、二輪車や夜間の歩行者検知が可能な性能になっています。 ボクは「どうせ乗るなら、運転するなら楽しい車」がいいなと思っていて、ある程度の実用性とか、経済性は妥協できます。

Next

新型PEUGEOT(プジョー)208フルモデルチェンジ情報~パワートレイン、ボディサイズ、安全装備を現行モデルと比較してみた

発売時期は2020年4月• 駆動方式:FF プジョー新型2008のパワートレインには、1. 新設定される電気自動車のe208は約320万円と価格が抑えられ、ガソリン上位グレードとも比較できるようになっています。 なお、2016年には専用のエンブレムやスーパーティンテッドガラスを装備した「スタイルプラス」が、限定車として販売されています。 2016年のマイナーチェンジでグレード構成が一新されており、発売当初は1. グレード、価格 グレードは、以下の3種類となっています。 EV 460万円から 現行モデルの販売価格が275万円からとなっていますのでフルモデルチェンジで若干値上げとなり『新型プジョー2008』の日本での販売価格は【290万円】からと予想してみました。 ドライバーアテンションモニタリング• 【新型】PEUGEOT プジョー 208情報 新型 PEUGEOT(プジョー)「208」の内外装 上の写真を見てわかるとおり、エクステリアは現行の「208」よりかなり格好良くなっています。 室内の静かさも合格点でしょう。

Next

プジョー 新型208 2020 写真・動画情報

プジョーによると、ホイールをより大きく見せるための演出だという。 5Lディーゼルエンジンモデルが約245万円からの価格設定となっています。 ウォールボックス型の普通充電で9時間、コンセント型の普通充電では18時間で充電完了となります。 プジョーとしては、ユーザーにまず内燃エンジン車かEVかを選択させるのではなく、208というクルマに惚れて、選んでもらい、その上で内燃エンジン車でもEVでも好きなパワートレインをどうぞ、と考えているのだ。 2Lと直列4気筒1. アクティブブラインドスポットモニターシステム• 1秒の性能を発揮する。 7万円 19. しかし、 新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

Next

新型プジョー208が登場!先代より更におしゃれで安全性能アップ!

直列3気筒ガソリンエンジンは、75PS・100PS・130PSのバリエーションがありますが、日本仕様では100PSのエンジンが搭載されると考えます。 他社の場合はデザインに格差をつけるため、セグメントとの期待値がイコールになりにくい。 車重:1040kg プジョー新型208の内装(インテリア)デザイン プジョー新型208の内装は、最新のブランドデザイン「i-Cockpit」により作られています。 残念ながら。 2Lガソリンターボ:18. 2Lガソリンターボ+8速ATの組合せ。 Access Log• バッテリー容量:50kWh• そこから、大胆にデザイン変更がされ、新しい時代にふさわしい最新のデザインへと生まれ変わる。 電気モーター(134ps) 3種類のパワートレインがラインナップされています。

Next

プジョー新型208が六本木ヒルズで日本初公開!2020年に国内販売へ

グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 69. 改善!プジョー新型2008の燃費は? プジョー新型2008の燃費は、8速ATを採用する最新パワートレインにより前モデルから改善します。 クルーズコントロール• 2L 3気筒ガソリンターボエンジン(最大出力 100psから155ps)• 5Lディーゼルは、新設計のシリンダーヘッドや燃焼室形状、2000barの新インジェクション、新排気浄化システムSCRFなどの採用や、各部DLC(ダイヤモンドライクコーティング)処理によるフリクション軽減で性能を向上。 新しいプジョー208のインテリアには3D i-Cockpitが採用されモニターが大型化されるなどの改良が行われている 新型208のコックピットは508と似たデザインの3D i-Cockpitが採用されている 新しいプジョー208のインテリアはブラック基調の落ち着いたデザインになっていて、508と同様にi-Cockpitが採用されています。 新型208のインテリアは508と同じ「i-Cockpit」を採用 モデルチェンジする208には、新型508と同じ新世代コクピット「i-Cockpit」を採用します。 関連サイト Category• 価格 少しだけ高くなるだろう。

Next