おる た な スピッツ。 おるたな【CD】

おるたな

間奏の「うーうー」がハイトーンです。 こちらもカットしましょう。 ベースの音がうねうねと結構動いています。 なんとなくドラムの音がいつもより革っぽい音をしているような気がします。 4件のビュー 2019年2月27日 に投稿された カテゴリ:• 間奏の終わりの右から聴こえてくる音が不思議ですね。

Next

アルバム講義:Special Album『おるたな』

しかし一方で、ふだん 「洋楽しか聴かない」とかのたまう音楽通な方々が、 「・・・あ、いや邦楽でもスピッツは好きだ」なんて踵を返すほど、 こだわりあるロックファンから一定以上の高い評価を得ているのも事実。 14番目の月• J-Pop• 特に、このアルバムに含まれているリング曲には、非常に変わった曲が多くて、1曲1曲が印象に残ります。 まとめ いかがだったでしょうか? 高い演奏技術と、 徹底的な音質への『こだわり』という観点からお話しをさせて頂きました。 スピッツにとって『花鳥風月』、『色色衣』に続く、スペシャル・アルバムの第3弾の発売が決定した。 いきなりボーカルで始まる曲ですね。 2019年6月19日 に投稿された• によるカヴァー曲は、2002年5月22日に発売された、のトリビュートアルバム『HAPPY END PARADE~tribute to ~ 』に収録されています。 0kHz|176. ちょっと 適当に『歪みっぽい音』とか『クリーンっぽい音』とかで妥協しません。

Next

CD スピッツ「おるたな」

登場回数17回(オリコン)• 7万枚 がアルバム初収録。 ズッシリしたドラムと、サビの裏で鳴る鐘の音がアンバランスで面白い。 スピカ• 間奏のギターソロはかなり弾きまくっていますね。 シャララ 12. ゴールド(CD、) 年表 () おるたな () () 『おるたな』収録の• 『メタラー』と『にわか』の見分け方 何ならスタジオに籠っている時間の大半を、(場合によっては実際に演奏して音を合わせている時間以上に) アンプやエフェクターのツマミをいじくることに費やす。 夕焼け 33rdシングル曲「群青」のカップリング曲です。 テクテク 11. 8件のビュー 2019年4月11日 に投稿された カテゴリ:• さすらい 【奥田民生】 3. (もしあなたの周りに 速弾がめちゃくちゃ得意だけど、アンプのつまみいじりは適当に済ますってギタリストがいたら、そいつはメタラーじゃありません。 横のグルーヴ感って、言葉では説明しづらいし楽譜に記載できるものではありませんが、 演奏が上手いバンドにしか体現できないんですよね・・・。

Next

スピッツ 「おるたな」

2019年11月25日 に投稿された• 「だって、スピッツって演奏めちゃくちゃ上手いんだもん」と。 ライヴ活動を精力的に行い、着実にファンを獲得していく。 田舎の生活• にわかだと思って結構) 『8823』と『夢追い虫』 たとえばスピッツの ライブの定番曲でもある 『8823』。 作詞: 作曲: 編曲:スピッツ 2002年にのトリビュート・アルバム『』でカバーした楽曲。 14番目の月 05. ラクガキ王国 32ndシングル曲「ルキンフォー」のカップリング曲。 >> おまけ:水中メガネ 作曲草野マサムネ、作詞松本隆さんという神タッグの作品。

Next

【アルバム感想】『おるたな』スピッツ

音程は全てのパートが硬質なことが多く、何よりも手数が多い。 おるたな カップリング曲やカバー曲の入ったアルバムです。 マサムネのまっすぐな歌唱方がバチンとハマった曲。 この辺り、詳しくは後述します。 多くの音楽通がスピッツを愛して止まないのは、ハードロックやメタルなどの造詣に長けた、彼らの 演奏スキルが超高いから!というのが大きな要因の一つだというのは先に書いたとおりです。 また、曲調の変化も激しいので、バンドの一体感も味わえる名曲。 ギターは左のリードと右のこっそり鳴っているアルペジオの2つがあります。

Next

【アルバム感想】『おるたな』スピッツ

アコギの音が爽やかな曲ですね。 作詞・作曲: 編曲:スピッツ の楽曲。 オケラ 作詞・作曲:草野正宗 編曲:スピッツ 35thシングル『』カップリング曲。 5件のビュー 2018年11月17日 に投稿された カテゴリ:• 「どうせ 夜を駆けるとかだろ?」 「はいはい 8823乙」 とか思ってません? 甘い そいつら全然隠れてない。 三日月ロックその3• 請求書発行日より14日以内にお支払ください。 ギターは惑星のかけらを少し思い出すリフです。

Next

moraのご利用について

そして、スピッツを好んで聴く音楽通は異口同音に、スピッツを好きな理由についてこう話します。 「三日月ロック その3」「アパート」「サンシャイン」あたりが入っていることに、ファンの「本気」を感じますね。 これがまた、素晴らしいんですよね。 本家の【14番目の月】は、おそらく当時だったら、最先端の新しい曲だったでしょうね。 今君だけのために 赤い火になる 君を暖めたい 言葉にすれば無様なことも 嘘じゃなくなるまで ずっと 男らしさ全開のラブソング。

Next