シャー ジャハーン。 インドが誇る世界遺産タージマハルを造った、ムガル帝国皇帝シャー・ジャハーンとは? その2|海外旅行情報 エイビーロード

歴史上有名なダイヤモンドの紹介|ダイヤモンド・ミュージアム

また、バーブルの庭園に対する嗜好は子供たちに受け継がれ、ムガル建築の特色となった。 そもそもムムターズ・マハルにはペルシャ語で「宮殿の光」という意味があり、シャー・ジャハーンの父である第四代皇帝ジャハンギールから、王妃になる際賜った名前なのだそうです。 ; Desai, Z. ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p. 彼も然り、そのあとに続くルイ16世や然り、経済的余裕もないのにアロー戦争で廃墟同然となってしまっていた『 頤和園(いわえん)』の修築命令を出した『 西太后(せいたいごう・慈禧太后(じきたいこう)』然り、ピラミッド然り、我々が現在目を丸くして驚かされる豪華絢爛な建築物の背景にあるのは、 『権力者の特権の乱用』と、『それに使われた人々の理不尽な労苦』なのであった。 シャー・アーラム2世はその後、イギリスの保護のもとアラーハーバードで年金受給者として暮らしていた。 シャー・ジャハーンはまたこの事件を機に、ラホールに存在したキリスト教の教会も取り壊させた。 また、イギリス領インド帝国の支配領域はインド・パキスタン(後のバングラデシュを含む)のみならず、現在のも版図とした。 チャンドラ『中世インドの歴史』、p. ベルニエ『ムガル帝国誌(一)』、p. 215• 228• たが、フッラムは帝国の武将の軍に敗れ、その後は皇帝軍の攻撃に苦しめられた。

Next

シャー・ジャハーンのイケメンすぎる人生

元々はペルシャ系の重臣の娘だったとか。 また、アウラングゼーブは父がダーラー・シコーを偏愛していることに強い不満を抱いていた。 パルヒズ・バーヌー・ベーグム• 60ctのダイヤモンドで、クレムリン宮殿のロシアの財宝の一つとして、皇帝の王笏にセットされ展示されています。 このアグラ城とタージマハル 近そうで遠いこの距離 シャー・ジャハーンはここから、タージマハルをどのような思いで眺めていたのでしょうか。 翌にシャー・ジャハーンはカンダハール奪回のため、息子ダーラー・シコーを派遣した。

Next

タージマハル/インド [世界遺産] All About

イギリスの保護下にて [ ] アクバル2世 にマハーダージー・シンディアは死亡し、ムガル帝国は大いなる庇護者を失った。 ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p. だが、アクバルの治世初期は不安定そのもので、スール朝の3人の王、、は健在であった。 216• 彼のお母さんはムムターズだそうで、息子としては、色々と複雑だったのか、自分のお墓は極端に質素なくせに、妻にはタージ・マハルのミニチュア版みたいなお墓を建てています(アウランガバードにあるビービー・カーマクバラー)。 ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p. 、ムガル帝国の軍はアフマドナガル王国の首都ダウラターバードは包囲、の総攻撃で落とし、アフマドナガル王国は事実上滅亡した。 一方、宰相ガーズィー・ウッディーン・ハーンはアーラムギール2世の殺害後、傀儡の皇帝シャー・ジャハーン3世を擁して権力を恣にしていた。 この門をくぐれば、遂にあのタージマハルさんと対面を果たせるわけです。

Next

ムガル帝国があり得たのはアクバルが宗教の多様性を尊重したからだった!そして『インド帝国』へ!

しかし、シャー・ジャハーンは長女ジャハーナーラー・ベーグムといった王室の女性たちに囲まれて、孤独な晩年を過ごすことはなかった。 239• クロー『ムガル帝国の興亡』、p. バラナシとは違った。 ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p. (223KB)。 そこで妻の残した遺言を読みます。 ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p229• ハーン・ジャハーンはアフマドナガル王国からも離れ、パンジャーブに移ったが、にそこで捕えられた。 タージマハルの裏側 ブラックタージマハルが建てられる予定があった場所に行ってきました。

Next

Brasa Churrascaria Restaurant

ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p. 彼は愛妃ムムターズ・マハルを愛したのはいいのですが、彼女の為にタージ・マハルという巨大な墓を作り、国のお金を消費します。 シャー・ジャハーンは長男を後継者としていたが、次男のベンガル太守、三男のデカン太守、四男のグジャラート太守はこれを認めていなかった。 、ダーラー・シコーの軍はアウラングゼーブとムラード・バフシュの連合軍と近郊のを挟んで戦闘を行った()。 ベルニエ『ムガル帝国誌(一)』、p. タッタのジャーミ・モスク タッタから3kmほど離れたところに、ジャーミ・モスク(金曜日のモスク)があります。 因みにその銅板レリーフのテーマ、「世界のお城」だったと思うんですよ。 タージマハルはほぼ正方形で、四方の角をカットした八角形。 慣例に従い、その首はアーグラの城門にさらされた。

Next

タージマハルに隠された本当の事実 亡き妻に捧げた愛の証明 なおやのブログ

有能な学者でもあり、ヒンドゥー教とイスラーム教との共通点を見つけ、や士とも面会するなど宗教寛容の立場をとった。 ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p219• その後様々な人の手に渡りました。 [1909年当時のイギリス領インド帝国。 研磨の間違いから、元の780ctから 280ctしか残らなかったのでした。 ベルニエ『ムガル帝国誌(一)』、p. ガードナー『イギリス東インド会社』、p. 南アジアののは、、、、、、は、「インドのイスラム教徒の芸術の宝石であり、世界遺産として世界的に称賛されている傑作の1つ」と表現されている。

Next

アフマド・ラーホーリー

ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p. だが、6月にダーラー・シコーは裏切りにあって捕えられ、息子シピフル・シコーとともにデリーへ送られた。 フランソワ・ベルニエ、訳 『ムガル帝国誌(一)』 、2001年。 脚注 [ ] []• 196• ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p. 1632年にシャー・ジャハーンは新しく建てられたヒンドゥー寺院の破壊と旧寺院の補修を禁じる命令を出し、そのためでは76の寺院が破壊された。 外部ではににあったのひとつを打倒・併合し、デカン地方で領土を拡大した。 ベルニエ『ムガル帝国誌(一)』、p. クロー『ムガル帝国の興亡』、p. だが、ではと衝突してを起こしたが、を獲得することができなかった。

Next