スタ さ ぷ。 GAZTA

スター誕生!

背景は通常は青系であるが、結果発表の時に巨大なパネルが登場する(決戦大会時にはセットの一部になり、結果を見て「合格」なら星型のランプが点滅する)。 テレビ放送日1981年8月2日)。 決戦大会で山口百恵は、東宝レコードスカウトマンの「百恵ちゃんは足は太いほうですか」の質問に、「はい、太いです」と返答した。 バスク語で「チーズ」という意味から名付けられた当店【GAZTA】より、美食の街スペイン バスク地方のサンセバスチャンで長年愛されるチバスクーズケーキをお届けいたします。 得点は会場500点、プロは1人につき100点で計500点の1000点満点で、規定の点数に達すれば合格。

Next

スター誕生!

Google Japan food teamの元総料理長や外資系ホテルの元シェフなどを中心に構成され、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム内のミュージアムカフェや、埼玉スタジアム2OO2のVIEW BOX、三菱地所本社内カフェテリアSPARKLEなど、8ヵ所をフードプロデュース。 2008年8月1日に放送された単発スペシャルドラマ『』において、当番組のセットや構成(初代司会の萩本時代のもの)が再現された。 決戦大会で番組史上最高の25社からスカウトを受けた。 中尾浩美 合格は15回決戦大会 決戦大会でスカウトされなかった出場者 [ ]• 後楽園ホールがやプロなどの他興行や、で使用できない場合は、など、郊外の公会堂を使用していた。 全員失格だった場合はエンディングの際、萩本時代は「バンザーイ、無しよ!」とポーズをとって締めくくった。 1973年8月26日放送は通常の審査と結果発表に加え、これまでの番組出身者が一堂に登場(森昌子、桜田淳子、山口百恵、三橋ひろ子、南陽子、シルビア・リー、最上由紀子、藤正樹、松下恵子、菅原昭子)。

Next

京都の新スタ公式戦第1号はピーター・ウタカ! 京都がウタカの2ゴールで磐田下す

- デビュー曲「はじめてのワルツ」• 当初、松田・阿久・中村はレギュラーで座り、残りの2名は外部の、の、「」「」の編集記者が交互に登場していた。 当日は「真子ちゃんいつまでも元気でね」のサブタイトルで放送した。 最上由紀子(さいじょう・ゆきこ) - デビュー曲「初恋」。 テレビ予選で、芸能プロダクションの市村義文社長にスカウトされデビュー) その他 [ ]• - デビュー曲「好奇心」。 」と書かれた紙が入った封筒を持って待っていた。

Next

GAZTA

さらに萩本はこのコーナーの企画を手掛けていた。 この番組は歌手デビューがメインのオーディション番組だったが、決戦大会でプラカードが挙がってもデビュー出来なかった合格者、歌手以外の芸能人でデビューして有名になった挑戦者は数多くいる。 同じくスター誕生!出身でデビュー同期の岩城徳栄と並ぶ元祖。 決戦大会の選考方法が違うので、決戦大会の項目を参照。 」の字幕スーパーが大きく出た。 『信濃毎日新聞』1981年10月3日、1983年10月1日付、 テレビ欄。

Next

5時スタ

欽ちゃん一座正月公演 放送日時:1976年1月2日(金曜) 14:00 - 15:20 萩本欽一正月公演「欽ちゃんのもうコレッキリデスカ!」 放送日時:1977年1月3日(月曜) 9:00 - 10:55 この回から朝の放送となる。 ホームの京都が2-0で磐田を下した。 中村は本当は100点満点をつけるつもりだったが、ボードは2桁までしか入らないため99点とした。 全619回。 百恵の頭上には合格時の点数である「329」が表示されていた)。

Next

contamination-horror.co.uk:スタジアムの気分そのままに自宅で楽しめるノンピ「横浜F・マリノス【スタグルBOX】」

鯨井ゆかり - デビュー曲「街はおしゃべり」。 パート1では3月31日に解散コンサートを控えていたピンク・レディーの軌跡を振り返った。 出場者 [ ] 主な合格者 [ ] (合格した時期が早い順番から)• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 北野玲子 - デビュー曲「初恋景色」。 結果発表の時、舞台に挑戦者が座っている巨大なデジタル式の電光掲示板が登場。 We focus on the "Hamburger". しかし、DVDは映像が大幅に修正を施されたり、一部出身者のシーンが削除されている。

Next

5時スタ

ところが『あなOK』の放送日時となった月曜日の夜8時という時間帯は日本テレビがナベプロの歌手も出演していた『』を放送していたため、ナベプロは『歌ベス』からの撤退を決定。 明日のスターを夢見る人のための正統派のオーディション番組であり、毎週、厳しい予選を勝ち抜いてきた5-7人程度の挑戦者が歌合戦形式で実力を競う。 1989年10月に司会の特番『スター発見』というタイトルでリメイク版を放送した。 当初は番組アシスタントを務めた女の子4人組「くれよん」の一員として出演。 このため、日曜日のそごうの階段は、応募者の長蛇の列であふれ返っていた。

Next

京都の新スタ公式戦第1号はピーター・ウタカ! 京都がウタカの2ゴールで磐田下す

よろしくお願いいたします!」というフレーズは、多くの挑戦者が口にした。 南陽子 - デビュー曲「赤い花まつり」。 出場者が一人ずつお立ち台に出て、それぞれがスカウトマンに対ししてくれるようにアピールした。 - デビュー曲「横浜ジゴロ」。 番組出身者にして当時の司会・坂本九の補佐役だった石野真子がとの結婚に伴う芸能界引退のため、1981年9月6日放送をもって番組を降板。 13にゲスト出演者・の「出演」予定記載あり。

Next