つぐもも あざみ。 継つぐもも 第11話 『総力戦』遂に決戦!そう思ったら斜め上の展開にビックリ。

【アニメ】継つぐももの11話あらすじ・ネタバレ感想

結果から見れば急進派の思惑通り。 このころ母の退屈そうな様子を見ていたかずやは、自分が強くなることで奏歌を満足させようと考えます。 自らの力を分割することで「 央菜」という人格を持った分身を作り出しており、真名の固定化を防ぐ意味で央菜と定期的に名前を交換している。 番外編では、そのあとも再度斑井の命で、央姫の更なるプライベートを聞き出す手伝いをさせられるハメになった。 周りからは「 椀爺(わんじい)」と呼ばれている長老。 付喪神を道具として扱う「隷付喪神派」の中でも特に付喪神を見下しており、道具が人間に逆らうことを絶対的に認めない。

Next

継つぐもも : 一般アニメエロシーンまとめ (Anime Ecchi Fanservice Aggregator)

1:より移動。 姉妹で苗字が違うのは、両親が離婚したことで、ななこは母親に付いたため母方の姓を名乗っているためである。 「あまそぎ」は人間の衝動的・利己的な願いに基づいて生まれます。 加賀見 かずみ(かがみ かずみ)• 5,7,12,15,18,23 関連人物• 「何じゃ、縮こまっとるな?」 「ちょっ、桐葉さん!?」 「ここは特に綺麗にしておけ。 試験の〔雑妖〕討伐で、家族を奪った怪異・火前坊と遭遇。 その後はつづら殿で後輩の指導に当たっていたが、くくりの死を受け止めきれず酔い潰れていたところを隷付喪神派によってあっけなく捕縛された。

Next

つぐもも

スタッフ 第1期 第2期 原作 浜田よしかづ 監督・シリーズ構成 倉谷涼一 キャラクターデザイン 中原清隆 総作画監督 中原清隆、桜井正明 お色気アニメーター 安田好孝 プロップデザイン 平川佳樹 美術設定 前田みつき 美術監督 田尻健一 坂上裕文 色彩設計 古川篤史 撮影監督 松田隆平 國重元宏 CGI 安田兼盛 菅友彦(チーフ) 編集 宇都宮正記 音響監督 音楽 音楽制作 音楽プロデューサー 堀切伸二 プロデューサー 柱山泰佐、森田剛、山崎史紀、先川幸矢、小田元浩 中野雄一、小沼利行、堀切伸二 成毛克憲、前坂栄司、吉田裕二 蔵本昌也、川崎夏子、杉浦綾香、髙木宏動 遊佐知憲、柏木豊、戸沼志津子、大森慎司 宗宮功卓、可知秀幸、菅謙太郎、濱田潤 アニメーションプロデューサー 先川幸矢 大林卓司 アニメーション制作 製作 「つぐもも」製作委員会 「継つぐもも」製作委員会 主題歌 第1期 「METAMORISER」 によるオープニングテーマ。 安次峰 あきと(あしみね あきと) 声 - 鋏の付喪神。 くくりはこの結界を張るために霊力を使ってしまい霊力が衰えているので、幼女の姿をしているのです。 今回ほのか役・折笠愛に続きカネ爺役で菊池正美が登場。 加賀見かすみ:竹達彩奈• すそはらいの格付けを"印"とするのは、この九印を最高格としているため。

Next

「つぐもも」迷い家(まよいが)とは?ミウラヒやおのごろ祭りについても

当然に奏歌が上岡のすそはらいとなることには猛反対したものの、奏歌との直接対決で敗れたことで、身を引いた。 また、一度予知を行うと、その予知した事象の日が来るまで同じ事象の予知をし直すことは不可能。 これより迷い家総勢で土地神を倒す。 自分は和服あざみが本物と考えています。 そして、気持ちを落ち着かせるため、毎日欠かさず桜の香りがするその袋帯の匂いを嗅ぐのであった。 母・奏歌が妊娠中ながらも怪異討伐にあたった際、不意に の怨念が篭った《すそ》に触れてしまったことから、生まれつき怪異の原因となる《すそ》を引き寄せる体質の持ち主として産まれた。

Next

継つぐもも 第11話 『総力戦』遂に決戦!そう思ったら斜め上の展開にビックリ。

くくり• 羽の生えた蝦蟇を数体呼び出すことができます。 しかし迷い家にいる付喪神たちは人間がいなくても霊力にあふれています。 母・薪が任務で命を落としたことをきっかけに「強くなければならない」という思いを抱き、たかのを導こうとしているが守ろうという意思が妹を閉じ込めていることには気づいていない。 式神使いという性質上、伏黒は中~遠距離の攻撃が得意で、戦い方の汎用性は高いものがあります。 そのため生まれてきた かずやは呪詛(すそ)を引き寄せる体質を持つ忌み子(いみご)でした。 つぐもも18. 央姫が「つづら殿」を不在にした間、副頭首である が起こした謀反により央姫は失脚し、斑井が「つづら殿」の新頭首となり実権を握っていたのであった。

Next

継つぐもも 第10話 『騒乱』すなおが来た!押しかけ女房がまた1人。

最初は帯を本体1本しか出せず帯繰りも満足に扱えなかったが、拷問に近い桐葉の修練と実戦経験により本体を含めて写し身3本(最大8本) まで出せるようになり、さらにその後は写し身5本まで出せるようになった。 ひよりと同じく、奏歌には後に「開発」もされた模様。 桐葉とは旧知の仲。 そして実験的な意味もあって、一也に所有される付喪神の1人となる。 胸元にできた〔あまそぎ〕は初めのうちは小さな凹凸のであったが、それは日に日に大きくなるばかりか痣自身が言葉を発するようになり、終いには大きな声でえいこの心の本心を喋るようになる。 影法師と本物でダブルおっぱいしよう!」 「自分の裸でやりなさーい!」 入浴中の桐葉/かずや/みまね。 状況を呑み込めていなかった一也はいきなり目の前に表れたでいい加減な選択をしたため平手打ちを食らった。

Next