電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法。 太陽光電力の買い取りについて|ENEOS

太陽光電力の買い取りについて|ENEOS

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法 通称・略称 再生可能エネルギー特別措置法 平成23年8月30日法律第108号 種類 経済法 効力 現行法 主な内容 再生可能エネルギー電気の固定価格買い取り 関連法令 、、、 条文リンク 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(でんきじぎょうしゃによるさいせいかのうエネルギーでんきのちょうたつにかんするとくべつそちほう、平成23年8月30日法律第108号)は、に対して電気のを定めているの。 2 委員会は、前項の規定による勧告をしたときは、遅滞なく、その内容を公表しなければならない。 この賦課金の単価は、どの電気事業者と契約されているかや、どの地域にお住まいかに関わらず、全国一律(平成28年度は2. 2 施行日前に旧再生可能エネルギー電気特別措置法第2条第1項に規定する一般電気事業者が電気の使用者に供給した電気に係る納付金であって、施行日以後に費用負担調整機関が附則第2条第1項の規定により新電気事業法第3条の許可を受けたものとみなされる者から徴収するものについての新再生可能エネルギー電気特別措置法第12条第1項の規定の適用については、同項中「当該電気事業者が電気の使用者に供給した電気の量(キロワット時で表した量をいう。 各種証明書は原則として3か月以内に発行されたものを提出してください。 Q7-13. 発電出力の規模によって、出力制御ルールが適用されないものもあると思いますが、その場合の発電出力の規模はどのような基準で判断されるのですか?増設分の発電出力か、それとも増設後の設備全体の発電出力か、どちらですか? 20150522追加 A.増設後の発電設備全体の出力規模で判断し、出力制御の対象規模以上の設備となる場合には、出力制御ルールの対象となります。

Next

太陽光電力の買い取りについて|ENEOS

地域の身の丈に合った事業規模にするとともに、将来に拡がりある自律的な事業展開を考えていくことが重要となる。 電子政府の総合窓口「 e-Gov」/ 2020年2月7日~3月7日) 日商環境ナビ CO2チェックシート. 以下この号において同じ。 一 第五十条第二項の規定により指定を取り消され、その取消しの日から二年を経過しない者 二 その業務を行う役員のうちに、次のいずれかに該当する者がある者 イ この法律又はこの法律に基づく処分に違反し、刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から二年を経過しない者 ロ 第四十八条の規定による命令により解任され、解任の日から二年を経過しない者 (指定の基準) 第四十一条 経済産業大臣は、他に指定を受けた者がなく、かつ、指定の申請が次の各号に適合していると認めるときでなければ、その指定をしてはならない。 買取先の電力会社と交わした契約書や案内書・検針票などで「買取開始時期」を確認することでも、買取満了時期が分かります。 )第27条の13第1項の届出をし、かつ、新電気事業法第27条の15の登録を受けたものとみなされる者が特定契約(電気事業法等の一部を改正する法律第3条の規定による改正前の第4条第1項に規定する特定契約をいう。 Q4-21. 屋根貸し事業とはなんですか? A.再生可能エネルギー特措法施行規則で定める屋根貸し事業(複数太陽光発電設備設置事業)とは、以下4つの条件をすべて満たしたものをいいます。 )とする。

Next

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法|条文|法令リード

2 経済産業大臣は、前項の規定による認定の申請があった場合には、施行日前においても、新法第九条第三項から第五項までの規定の例により、その認定をすることができる。 www. Q 1-5.自宅等に設置した太陽光パネルから発電された電気を他人に売りたい場合、何か手続が必要ですか? A.場合によっては電気事業法における特定供給の許可が必要になります。 (公示) 第五十二条 経済産業大臣は、次の場合には、その旨を官報に公示しなければならない。 A.太陽光の余剰電力買取制度で発電を開始し固定価格買取制度へ移行した設備や 電子申請が開始される前に紙申請で認定を受けた設備についても、既に電子申請が可能なシステムへ移行され、ログインIDとパスワードが付与されています。 )の属する年の前年の四月一日からその属する年の三月三十一日までの一年間(施行日の属する月が一月から三月までである場合には、施行日の属する年の前々年の四月一日からその属する年の前年の三月三十一日までの一年間)において利用をすべきものとして経済産業大臣に届け出た新エネルギー等電気の基準利用量の合計量及び新エネルギー等認定設備の廃止」と、同条第二項中「「四月一日から」とあるのは「「四月一日から翌年の」と、「開始した日から」とあるのは「開始した日から翌年の」と、旧特別措置法第五条から第八条までの規定中「基準利用量」とあるのは「経過措置利用量」と、旧特別措置法第九条第四項中「第一項」とあるのは「旧特別措置法第九条第一項」と、同条第五項中「前各項」とあるのは「前項」と、「第一項」とあるのは「旧特別措置法第九条第一項」と、旧特別措置法第十一条並びに第十二条第一項及び第二項中「第九条第一項」とあるのは「旧特別措置法第九条第一項」とする。 契約 Q5-1. 各電力会社が用意している系統連系または売電(電力受給)に関する申込書において、各電力会社の売電(電力受給)に関する『「契約要綱」等を承認のうえ、申し込みます。

Next

太陽光電力の買い取りについて|ENEOS

(電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法の廃止) 第十一条 電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(平成十四年法律第六十二号)は、廃止する。 A.「農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律」に基づく設備整備計画認定の対象になる場合については、再エネ事業者が電力会社との接続契約時に、設備整備計画の認定を受けたことを証明する書類を提出することで、電力会社が地域資源バイオマス発電設備かどうかを判断することができます。 なお、新制度に関するご質問はをご覧ください。 電気事業者が書面で通知する概算工事費及びその算定根拠については、発電事業者が相見積もりを取れる程度に詳細である必要があり、具体的には以下の内容を提示することとなっております。 )を熱源とする熱以外のエネルギーであって、政令で定めるもの の6つ(実質的には1から5までの5つ)である。 以下「改正法」という。

Next

「再生可能エネルギー特別措置法」が施行されました その1

)を定めなければならない。 ト イからヘまで及び第十一号ロにおいて出力の抑制により生じた損害の補償を求めないこととされている場合以外の場合において、特定契約電気事業者による特定契約申込者の認定発電設備の出力の抑制又は特定契約電気事業者による指示に従って特定契約申込者が行った認定発電設備の出力の抑制により生じた損害については、その出力の抑制を行わなかったとしたならば特定契約申込者が特定契約電気事業者に供給したであろうと認められる再生可能エネルギー電気の量に当該再生可能エネルギー電気に係る調達価格を乗じて得た額を限度として補償を求めることができること、及び当該補償を求められた場合には特定契約電気事業者はこれに応じなければならないこと(当該接続に係る契約の締結時において、特定契約申込者及び特定契約電気事業者のいずれもが予想することができなかった特別の事情が生じた場合であって、当該特別の事情の発生が特定契約電気事業者の責めに帰すべき事由によらないことが明らかな場合を除く。 このため、このような場合は、既存設備の発電出力を増出力する申請(変更認定申請)が必要となります。 エネルギー自給率が向上すると、化石燃料への依存度の低下につながり、燃料価格の乱高下に伴う電気料金の変動を抑えるといった観点から、すべての電気をご利用の皆様にメリットがあるものだと考えています。 また、調達価格の適用時点は見直されますか? 【平成28年7月31日以前に接続契約を締結している場合に限る。 翌平成24年()7月1日から施行された。 メタン発酵ガス化発電の調達価格の算定根拠である資本費の想定値について、現時点のコストデータは想定値を下回っているものの、立地条件で劣る地域にも立地が進めば「今後必要となる費用が増加する可能性」があるとして調達価格が据え置かれている。

Next

旧制度よくある質問|固定価格買取制度|なっとく!再生可能エネルギー

。 一度定められた調達価格や調達期間が変更されることは、原則的にはありませんが、物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要があると認めるときは、調達価格等を改定することができる、と定められています。 昨年度時点で本年度の価格変更は十分予見可能であったといえる。 (特例太陽光発電設備は除く。 3 認定事業者は、前条第二項第一号、第二号又は第七号に掲げる事項を変更したときは、経済産業省令で定めるところにより、遅滞なく、その旨を経済産業大臣に届け出なければならない。 一 電気事業法(昭和三十九年法律第百七十号)第二十八条の四に規定する広域的運営推進機関(以下この条において「推進機関」という。

Next

旧制度よくある質問|固定価格買取制度|なっとく!再生可能エネルギー

四 不正の手段により指定を受けたとき。 併せて、次回以降の調達価格の検討にあたっては、運転開始済み事業者のIRR実績を調査し、調達価格設定時の想定と大きな乖離がある場合には、調達価格の算定方法等を改善すべきである。 )第9条の規定の適用については、同条第1号中「当該電気事業者が特定契約に基づき調達した再生可能エネルギー電気の量(キロワット時で表した量をいう。 特例需要場所の適用について不明な場合は電力会社にご確認ください。 より効果の高いの導入を求める意見が強まり、2009年(平成21年)11月から自家用太陽光発電の余剰電力買取制度が始まり、これを再生可能エネルギー全体に広げるものとして策定された。 2 経済産業大臣は、指定入札機関が次の各号のいずれかに該当するときは、その指定を取り消し、又は期間を定めて入札業務の全部若しくは一部の停止を命ずることができる。

Next