シン ウンギョン。 シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

表面では気さくだけど、知ってみればか弱い役は、実際のシン・ウンギョンの性格とそんなに違わないのだろう。 ワガママ放題のドギツイ韓国女を演じさせたら 右に出る者が居ないくらい迫力満点でハマり役 だったのに、あれほどの個性で悪女を演じられる 女はそうそう居ないわ。 でも嫌いじゃないの。 主演として韓国で観客動員740万人を記録した大ヒット映画『サニー永遠の仲間たち』(11)、『怪しい彼女』(14/主演)では韓国で観客動員865万人を記録するなど話題の作品にも多数出演、その後も韓国ドラマ「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」(17/主演)などで活躍。 性格 シン・ウンギョンは、「実は、少し見かけよりも脆くて、柔軟な性格だ。 露出の多い演技もしなければならない上に、今まで維持してきたボーイッシュなイメージに反したキャラクターだったが、彼女は果敢のその役をこなして映画俳優としての名声を取り戻す機会を得た。

Next

シン・ウンギョン(shineunkyung)のプロフィール

シム:あと、本が好きなので本屋さんに行ったり、音楽も大好きなので、CD屋さんに行って「最近、どんなアルバムが人気なのかな?」って探して、いろいろ聴いてみたりしています。 (1994年) - ジェイ役• 「ファン・ジニ」(06)、「太王四神記」(07)、「キム・マンドク~美しき伝説の商人」(10)、「赤と黒」(10)などが放送され、日本でもお馴染みの子役となった。 私が想像するよりかなり酷くて 「欲望の炎」を凌駕 してますよ・・・・ かなり危ない女。 しかし、幸いなことに、失明ではなかった」と説明した。 (1989年) - パク・スッキ役• そんな自分の欲求にド直球な ウンギョンが大好きよ。 もともと目が良くて、片方の目は1. (2015年、tvN) - チョ・ヘヨン役• 汗 Sponsored Link シンウンギョンはドラマそのものの破天荒人生 冒頭でご紹介した韓国では2010年から2011年に放送された 「欲望の炎」のシンウンギョンはまさに目からウロコの 激しい女。 - Smile Again(2005年) 受賞歴 [ ]• : 優秀演技賞• (1993年)- スンミ役• 頑張って。

Next

シン・ウンギョン(shineunkyung)のプロフィール

山下達郎さんや竹内まりやさんが好きなんですよね。 しかも息子は 第1級障害者として 水頭症と巨人症の 思い病を抱えており女優で働く傍ら息子を育てる母親で ある事を涙ながらに語っていたのだ。 シンウンギョンさんの演技には中毒性があります。 (2010年) - ハン・ソヨン役• 結婚生活の間に、脳水腫を患う一人息子を設けた。 中学校の頃に初めて日本の映画を見たんですけど、それが岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』(2001年)と是枝裕和監督の『誰も知らない』(2004年)だったんです。 もともと、街中を歩いて回ったりすることが好きなので、日本でも、谷中あたりを散歩したり。

Next

シン・ウンギョン(shineunkyung)のプロフィール

: MBC演技大賞 最優秀演技賞• 吉田美奈子さんや八神純子さんも、最近よく聴いています。 当初は事務所が彼女の出演料を未払い状態とか発表してたけど 蓋を開けたら全くの逆だったみたい。 日本の文化全般に興味を持っていたんです。 安養芸術高校 演劇映画科• 本気でそう思うの。 趣味 特技 シン・ウンギョンの趣味は、映画鑑賞と旅行である。

Next

シン・ウンギョン プロフィール&出演ドラマ

また、今のおてんばなイメージを固めたのもその頃だったから、幸運のドラマには違いない。 もちろんその、役柄でだが 、ウンギョンさん「マル暴」や「サツ」とか、女性が使わない言葉を言ってたね。 歌手ワックスの新曲「化粧を直して」のヒットの要因中には、ミュージックビデオで熱演したシン・ウンギョンがいる。 : MBC演技大賞 特別企画部門 最優秀演技賞 脚注 [ ] []. 整形 シン・ウンギョンは、あごの整形を疑われている。 (1988年、)• 顔だって気に入るまでどんどんカスタムして 綺麗になってるしね。

Next

シン・ウンギョン(shineunkyung)のプロフィール

(2001年) - チャ・ウンジン役• この頃、所属会社の代表との結婚は、極めて珍しいことであった為、話題になったが、2007年に離婚した。 しかし、このごろ流行の神秘主義を中途半端に真似るとか自分の利益のみを追うのではなく、いくら疲れていてもカメラの前ではプロ精神、これこそ今日の素敵な女性、シン・ウンギョンを存在せしめた原動力だといえるだろう。 いちばん大事なのは、いろんな経験をしながら、そこで実際に過ごした時間や、自分自身が感じたことが、何かの役を演じる上でもすごく大事なことであることに気がついて。 : 10大スター賞• そんな素晴らしくもワガママ放題の劇場型の女を 波乱と狂気に満ちながら、でもどこか憎めない 女を演じて私の💛を鷲掴みにした女優である。 (2003年) - チャ・ウンジン役• はっきりした目鼻立ちではないが、堅実で親しさが感じられるそんな顔。 絶対必要枠の女優である事に違いは無いから韓国女の欲望まっしぐらと言うかド直球な演技が懐かしいわ。 韓国はもちろん、今後は日本での活躍も大いに期待されるシム・ウンギョンに、日本語でインタビューを試みた。

Next

シン・ウンギョン(shineunkyung)のプロフィール

: SBS演技大賞 週末連続劇部門 女子優秀演技賞、10大スター賞• 出身・家族・学歴 兄弟 弟2 出生国 出生地域 高校 安養芸術高校 演劇映画科 大学 檀国大学校 演劇映画学科 解散・引退について 周囲からの評判 シン・ウンギョンは、「映画『ヤクザの女房』の撮影中、負傷して以降は、アクション・シーンを撮るときが怖い」と打ち明けた。 (2005年) - チュ・ジャヨン役• 学歴 [ ]• 笑 シンウンギョンの現在はかなり厳しい立場に~ でもそうは問屋が卸さないのは当然の流。 ぼーっと外の景色を眺めたりするのが好きなんですよね(笑)。 (2013年、MBC) - ユン・ファヨン役• (2007年、SBS) - キム・ダンジャ役• [受賞経歴] 青龍映画祭主演女優賞 1997 青龍映画祭人気スター賞 2001 SBS 演技大賞10大スター賞 2007 スターの過去の姿を見せてくれる番組でシン・ウンギョンの姿もたまに見ることがある。 現役の新聞記者である望月衣塑子のベストセラーを原案に、官邸とメディアの攻防を描く、社会派サスペンスとなった本作。 また、この頃化粧品会社の広告モデルに出演してシェービングフォームをたっぷり塗ってヒゲを剃ったりと中性的なイメージで話題になったりもした。

Next

シン・ウンギョン プロフィール&出演ドラマ

作品情報 『新聞記者』 2019年6月28日(金)から新宿ピカデリー、イオンシネマほかで全国でロードショー 監督:藤井道人 原案:望月衣塑子『新聞記者』(角川新書刊)、河村光庸 出演: シム・ウンギョン 松坂桃李 本田翼 岡山天音 西田尚美 高橋和也 北村有起哉 田中哲司• なぜ、日本だったのでしょう? シム:以前から、日本の文化全般に興味を持っていたんです。 演劇映画学科 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• ミュージックビデオで弱々しい涙の演技を披露してから、化粧を直しては歌謡チャート1位を独走し始めた。 シム:そうですね。 (2014年-2015年、) - ハン・ジョンヨン役• 最近Youtubeとかで流行っている「ヴェイパーウェイヴ」の流れから入ったんですけど、どうも私は、日本の1980年代の「シティーポップ」と呼ばれるものが好きみたいで、そこから自分でいろいろ探しています。 25だ。

Next