難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か。 松山重治―境界の調停と軍事

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

しかし、一度離散・崩壊・再編した松山軍団はかつての威容を取り戻すことはなかったのではないか。 また、この時織田政権には四方に敵があり、にばかり構っていられない。 永禄年中畠山家、三好家と合戦の時、佐々山にて軍功あり。 零細国人や庶流国人を編成するのは長慶が嚆矢ではなく、期に も行っていた。 としてもの軍事力を敵に回し、一山滅亡となるのは避けたく、穏当に済めばそれが最善であった。 もちろん全てが信じられるわけでもないだろうが、本記事では基本的に信用することにする。

Next

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

そもそも重治自体が一貫して仮名「新介」を帯びており、松山守勝(与兵衛尉・安芸守)より官途から見れば低位である。 永禄4年(1561)の六角氏との京都攻防戦では、に属した中西権兵衛が六角氏の・永原重澄を討ち取っている。 ただし、堺には様々な縁があったことが推測され、あるいは本当に故郷であったかもしれない。 重治は織田政権からは河内南部の国人扱いされたのではないだろうか。 その後の動静はしばらく不明だが、のに転じたようで、7年(1579)森乱丸とともに摂津の有力国人塩川長満への使者となり、8年(1580)には下に屋敷を拝領している。 新兵衛とこの中村高続は官途名から見て別人である可能性が高いが、経歴から見て近しい関係にはあるだろう。

Next

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

『甫庵』では新兵衛について「かくれなきゆうしにて、みよしが一たう四国より打てのほり、京都のたゝかひに、毎度くわいでんのはたらき、くはをもつて多くにかち、ばん死一生をいつる事おほかりければ、 やり中村とぞ申しける」とし、の戦いの際に、側の大将の一人で戦死したと伝えているが、概ね正しい情報と言えるだろう。 より越前金崎の城主・朝倉氏を責られし時、伊之助一番槍をせしかは、より十文字の槍を与へられ、畠山家より鉄刀木の鉄砲を与へらる。 ここでいう「松山」はおそらく彦十郎のことだろうが、一軍の将、三人衆方の要人としての認識が知られよう。 反三好の人・氏が追討されたため、松山重治はに氏が預けていた財物と、が匿った氏に与した有馬郡の牢人を要求したのである。 林氏も一般的な名字であるため特定は難しい。 この時、松山氏とともにに入った香西越後守は信長に討たれ、も5年(1577)信長に攻められて屈服した。

Next

松山重治―境界の調停と軍事

信長はが信長に歯向かった荒木残党やの財産を引き渡さないことをているに過ぎず、天下の静謐の守護者を自認する信長がを滅ぼすのは、自家撞着に陥る危険がある。 2年(1575)9月には大坂衆とを結んだ「松山」がで長岡藤孝らと交戦しているが、これも重治か彦十郎のことではないか(『細川家文書』)。 青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位 青空文庫全作品の語彙別利用順位 それぞれの語彙の延べ利用回数、全用例の利用百万回当りの利用回数、その利用回数だった語句の件数と語句一覧になります。 その存在意義は一時消えたが、は重治の才を見逃さず、攻めに起用した。 庶流や零細といった属性を持ち、あるいは「境目」を本拠とする武士たちには安定的な基盤がない。 同書では、利三が斎藤義竜の部下として道三と戦った時軍功を挙げたことを記すので、三好氏(松山重治)に仕えたとしても、天文末年~弘治初めまでの短い時期と思われる。 唯暇々求め遊び戯れんと云つゝ、敵味方堺の南北に打寄酒など愛し興ずる時は、必松山をいざなひ出し慰しなり。

Next

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

それはともかく、守勝は結局不満が解消されなかったものか、9月16日には再び三人衆から離反し、城を占拠した。 伝未詳。 なお、年代比定は基本的に『戦国遺文 三好氏編』の比定に依拠し、出来る限り年代順に並べている。 ただし、永禄11年(1568)がに槍を贈った際に利三は長逸への使者となっており、三好氏に一時期仕官していた経歴が重視された可能性はある。 永禄2年(1559)以降は畠山氏の家中対立に介入して、河内・大和を領国化していくことになる。 現代の目線だと「おお、あの!」となるような人物と「…え?誰?」というような人物が並列されているが、とにもかくにも重治が評価されていることがわかる。 永禄10年(1567)10月10日のの戦いで戦死した。

Next

松山重治―境界の調停と軍事

しばらくは捨て置かれていた松山重治であったが、との対立が深まるとともに、攻めの大将として起用された。 また、有馬郡は重治が最初に戦功を挙げたとされる山田に隣接する地域でもあるから、直接的な恩賞であったのかもしれない。 『』の上記家臣団リストの中で、実際に重治の旗下への編成が確かめられるのは蛙介のみである。 松山守勝と中村新兵衛が独立し、彦十郎と広勝が敗れた松山軍団は守勝や新兵衛の軍団に吸収されるか、離散したと見られる。 …全体的に当たらずとも遠からずといった伝承である。

Next

松山重治―境界の調停と軍事

『戦三』二〇八三~二〇八六が示す、重治を強く意識した 「松介」も、権の「復古」に合わせて登場したのだろう。 三好氏の内紛においても守勝は他の松山氏(彦十郎・広勝)の動向とは基本的に無関係に動いており、独立性を有していた。 また、こうした扱いから松山重治はの被官に再編されたのではなく、あくまでの直臣で久秀への与力として大和侵攻に加わっていたこともわかる。 結局、元亀2年(1571)から翌3年(1572)にかけて、三好義継とは幕府から離反し、三人衆と結んで、、畠山秋高、といった幕府に従う勢力と戦うことになる。 久秀は与力になったであろう越水衆の野間長久や池田教正などと縁戚関係を結び、関係を強化したが、松山氏からは松山広勝が久秀の私城であるを管理する滝山衆となっている。 『』には巻二十一にも松山重治が見える。

Next

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

藤田忠正 松山重治の家臣としては、最も発給文書が多い。 重治はこの後も久秀に従い、戦功を重ねた。 ところが、は義昭を屈服させ、京都から追放した。 重治が有馬郡を基盤とし、・播磨との関係を構築する中、被官となったのだろう。 単純に考えれば、重治の領地が南端にあり、軍事的才覚が認知されていたから…ということになるだろう。 こうして信長とは9月より戦争状態に突入したと思しい。 重治に従いつつも内心は穏やかでなかったのかもしれず、ここで受領名「安芸守」を名乗り出すのもそうしたアピールなのかもしれない。

Next