参考 にし て ください 敬語。 「参考にしてください」よりも丁寧な言い換え敬語・メール例文

「してください」は敬語?意味や「ください」との違いも解説

参照と参考の違いや、「別紙参照」の敬語についても詳しく解説していますので、興味のある方はぜひこちらの内容も合わせてぜひご覧ください。 もちろん、営業担当として売り上げを上げることは重要ですが、押し売りされるのは誰でも嫌なものです。 今回は、その中でもさらに代表的な「参」という漢字が付く言葉についてまとめてみますね。 「参考にいたします」は「参考」という言葉に謙譲語の「いたす」を用いて表現することで「参考にさせていただきます」と同じように自分が「参考にする」ということをへりくだって表現することができます。 」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、プラン内容と共に実際に起きた事例も数件添付致しましたのでご参考までにお目通しいただけますと幸いです。

Next

「ご参考ください」は敬語?ご参考になれば幸いです/ご参考になさってください

「される」の使い方 「される」は尊敬を表わす助動詞ですが、「相談される」というと「相談した」のか「相談をされた」のか迷ってしまいます。 もう一文例文をあげると「細かいデータも一緒に添付いたしましたのでご参考までにお目通しください」は「添付したのでよかったら見てください」という意味のことを丁寧に控えめに言うことができます。 これは「利益」にはなっていません。 「ご参考までにお目通しいただきたく~」とすると丁寧な表現ですが、「参考程度に見てください」という意味では、「ご参考ください」や「ご参考までにご覧ください」という文章のほうがシンプルです。 では、正しく「ご参考ください」を使うには、どこを直せば良いのでしょうか。

Next

「ご参考までに」は正しい表現?ビジネスで使える例文も分かりやすく解説

先生のお話は、参考になります!自分の意見を確立する時の足しになりそうです。 2017. 「ご捺印をお願いいたします」• といっても難しいことはなく以下のようなフレーズを使うと丁寧です。 「ご参照までに」という言葉は、「ご参考までに」という言葉とほぼ同義語で使用することが可能です。 ご検討いただければ幸いです 意味「検討してもらえたら嬉しいです」• また、たくさんの資料を頂戴し、今回の経験を無駄にしないよう今後の業務において参考にさせていただきます。 特にメールなどの文章は後々残ってしまうものなので、気をつけて言葉を選びましょう。 ではどう言い直したらいいのでしょうか。

Next

「ご参考までに」はどう使う?敬語や類語など使い方を完全マスター

「とんでもない」と同様、それ全体で一つの言葉ですので、 これを無理に丁寧にしようとすると「とんでもございません」という 原則、間違った言葉になります。 ここでは「ご参考までに」を使ったよく用いられる表現をいくつかあげながら例文と共に使い方をご紹介していきます。 上記に書いた「相手に配慮しながら、自分の一方的な行動や意向を伝える」というさせていただきますの意味を理解していれば正しく使えると思いますが、間違った使用例をいくつか紹介しましょう。 このような表現を使ってある程度信頼関係が築けている相手に有用な情報をシェアするというのはビジネスにおいても非常に有効な手段です。 「ください」が命令形なので「ご参考ください」は「敬語ながらも押し付けるような印象」がありますが、連絡を取り合っている中では詳細を見る必要が確かにあるため「ご参考ください」が合います。 ついでに言えば「お手に取ってください」はお勧めしません。 まず、「ご参考になさってください」の例文には「お困りでしたらこちらにパンフレットがありますので、ご参考になさってください」などがあります。

Next

ご参考ください

「してください」という言葉を使ったとしても、優しい口調で、相手の気持ちに寄り添うように言われれば嫌な気になる人は少ないかもしれません。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 「ご参考までに」自体は使い回しができるので敬う相手がどちらでも構いませんが、「ご参考までに」の後が重要です。 ちなみに、 この「幸いです」という表現はかなり色々なビジネスシーンで活躍しますので、以下の例文も覚えておくと便利です。 「以上、ご参考までに」という風に、先に書いた内容に対して使うこともありますし、添付した資料に対して「取り急ぎ、ご参考までに」や「もう1点過去の資料がございましたのでご参考までに」と使うこともあります。 「お持ちください」でOK ご持参くださいは、謙譲語にお願いが交じったおかしな日本語です。 「ご持参」の「参」と一緒ですね。

Next

「参考になりました」はNG?さりげなく失礼な敬語3選|OTONA SALONE[オトナサローネ]

質問者様がおっしゃるのは、これが現実に相手の許可を得なければならない状況以外で使うのは望ましくないとする 私はそうは思いませんが 考え方です。 「ご参照」とは「何かを照らし合わせて考える」という意味を表す丁寧語です。 「 大変勉強になりました」と言い換えましょう。 つまり、「相手にとってメリットがない」ものを見せて「ご参考ください」と言うことです。 依頼系の言葉で良く使われるのが「~していただけますでしょうか」です。 どうぞよろしくお願い致します。 その点で「ご参考ください」は上司など目上のひとに使うのはイマイチな敬語フレーズなのです。

Next