グランド エスケープ 歌詞。 三浦透子『グランドエスケープ』歌詞の意味を考察!映画「天気の子」主題歌|Moriの音楽ラボ

RADWIMPS グランドエスケープ feat. 三浦透子

「グランドエスケープ」は直訳すると 「大いなる逃避行」。 多数の障害の中で夢を追いかける貴方 には、ザクっと刺さったのではないでしょうか。 この世界に悪い人はたくさんいます。 そんな帆高とヒロインの陽菜の出会いから、ここではない星へ向かうのかなと思いました。 三浦透子の歌声を聞きましたが、こんな方いたのかと胸を撃ち抜かれました。

Next

RADWIMPS グランドエスケープ feat. 三浦透子 歌詞&動画視聴

政治も企業も資本主義だってそうです。 自分がやるべきことをするだけです!. 怪しげなオカルト雑誌のライター業をしていた帆高は愛する人を、幸せにできるのでしょうか。 帆高はやっと見つけた希望の日々を失ってしまいます。 彼らの声がキャラクターにはっきりとした血肉と心を与えてくれているアフレコの過程を、わくわくしながら楽しんでいます。 怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない 僕らの恋が言う 声が言う 「行け」と言う グランドエスケープ 作詞 野田洋次郎 怖がったって仕方がない。

Next

RADWIMPS グランドエスケープ feat. 三浦透子 歌詞&動画視聴

嘘の正義が支配した間違えた世界を、抜け出したいのです。 私はここまでしか考察できません。 「重力がないなんてありえない」と普通の人は思うのではないでしょうか。 彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そう、それは「 この世の愛された女性が皆持っている力」だったのです。

Next

【RADWIMPS×三浦透子/グランドエスケープ】歌詞の意味を徹底解釈して考察!

帆高が陽菜を求めて空の上へ登っていくシーンを描写している、とも捉えられなくもないですが、前の段落と次の段落の繋がりとして 自然なのは、陽菜の心情を表していると取ること。 映画とともにこの楽曲が皆様に届けられる日を、楽しみにしています。 体を壊し雨ばかりの日々になってしまった陽菜に、もう一度希望の太陽を与えてあげることができるのでしょうか。 この 「君の名は」の瀧と三葉は1000に一度の悲劇の運命を回避するために生まれてきた、そういう設定(見方)もできると思うんです。 スポンサーリンク 2019年5月29日にアニメ映画「天気の子」の第2弾予告映像が解禁されました。 ということは、 基本的にこの詩はほだかと陽菜の2人の感情や心の動きを唄っていると、そういう前提で考察を進めていきたいと思います。

Next

三浦透子『グランドエスケープ』歌詞の意味を考察!映画「天気の子」主題歌|Moriの音楽ラボ

重力の話をすると、重力に連れ戻されない場所というのははるか無限の彼方。 嫌気がさして島を出て東京に来たことも、空腹で死にそうなりながら立ち寄ったハンバーガーショップで陽菜に会ったことも、須賀と出会ってオカルトライターとして働き始めたことも、そしてお天気ビジネスによって陽菜を人柱にしてしまったことさえも。 帆高が取った行動の是非はともかくとして、人間誰しも魂が求める衝動って必ずあるということなんじゃないかなと。 須賀役を小栗さんに、夏美役を翼さんにお願いしたのは、だからです。 今日という特別な日に、特別な場所から今いる場所から抜け出そうと。 ここで言うリスクとは、夢が叶わないこと。 帆高は「あの光の中に、行ってみたかった」と思い東京へやってきたのに、怪しげなオカルト雑誌のライター業で生計を立てる日々を過ごします。

Next

天気の子|主題歌「グランドエスケープ」の歌詞のかなり深い意味をネタバレ考察!

第2段落 夏は秋の背中を見て その顔を思い浮かべる 憧れなのか、恋なのか 叶わぬと知っていながら ここも迷った部分の一つ。 それは変わることのない 運命です。 「せーの」ということは1人ではなく、2人だからいうかけ声です。 だって失敗して、恥をかいて、お金がなくなっても、まだ生きているからです。 今まではどちらかというと、帆高目線で語っているような文脈でしたが、 ここから一転して陽菜が主体となっている文章となっています。 喋る内容はもちろん、声質、息づかい、言い淀み、語尾、すべてにその人そのものが避けようもなく滲み出てしまう。 重力が眠りにつく 1000年に一度の今日 太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう 彼が目を覚ました時 連れ戻されない場所へ 「せーの」で大地を蹴って ここではない星へ 行こう 作詞作曲:野田洋次郎 私たちが生存する「地球」の中で 重力は、 絶対的存在 です。

Next

天気の子|主題歌「グランドエスケープ」の歌詞のかなり深い意味をネタバレ考察!

科学的に考えてもそんなことは起こりえません。 RADWIMPS「グランドエスケープ feat. つまり、今度はせっかく帆高の日常を晴れにしてくれた陽菜の日常が雨ばかりの苦しい日々になったのです。 」 「やっぱり自分は普通の人なんだ」と。 耳コピなので間違っている可能性もあります。 直前の段落までは人柱となることを受け入れて粛々とその時を待つ陽菜の心情を表していました。

Next