ポルシェ 718 ケイマン。 ポルシェの「718ケイマンT」「718ボクスターT」が日本上陸! ピュアなドライビングプレジャーを表現|オープンカー|MotorFan[モーターファン]

ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 ポルシェのうま味が詰まってる

オプションの「レザーインテリア」も選択した結果、シート表皮やダッシュボード、ドアパネルが本革仕立てとなっている。 ドライバーにとってのメリット。 なんとも違うポルシェ伝統の味わいを回り道することなくいただきたいというなら、911カレラをおいてほかの選択肢は考えられないだろう。 新たに標準装備されるPCMには7インチマルチタッチディスプレイのほか、ナビゲーションシステムが含まれます。 つまり、コーナーを攻め込んだ瞬間に前方が照射されるのです。 インテリアの全てが、ドライバーを最優先するという原則に従っています。 カイエンだ、マカンだ、パナメーラだ、と稼ぎ頭が諸手で受け入れられるのも911という現人神あってのこと。

Next

ポルシェ718ケイマン

エンジンカバー上部のシェルフによって、長さのある荷物が積み込めるなど十分なスペースが確保されています。 カスタマーひとりひとりのご要望に応えるため、ポルシェは創業当時から特別なリクエストサービスに携わってきたのです。 Porsche Exclusive Manufaktur 私達の豊富な経験には長い歴史があります。 エアインテークには水平のジオメトリーを配置することで、フロントエンドをよりワイドに見せ、同時に表情に鋭さを与えます。 Exterior design 曖昧さを排除し、明確な考えに従う。

Next

718ケイマン(ポルシェ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

918スパイダーに由来する新しいステアリングホイールのモードスイッチが実現する、サーキットのような走行体験。 2シーターとしてのコンパクトな車両構造は、これらの点において重要な役割を果たします。 最新の718モデルは、ダイナミックで刺激的なドライビングを愉しむために造られました。 ともにリア側にエンジンを積む同士ゆえ、運転席中央側から後ろは別物なれど、そこから前方は同じということだ。 ノーマルモードはパフォーマンスと快適性を重視した設定で、スポーツモードを選択すると固めのセッティングへと切り替えられます。 ParkAssist and reversing camera オプションのパークアシストシステムは、リアエンドに目立たないように内蔵された4個のセンサーを使用し、車両後方に障害物を検知するとドライバーに音で警告します。 低くてワイド、かつ洗練されたスタイル。

Next

ポルシェを選ぶなら911か、それとも718ケイマンか?

2万円 - 2497cc 7AT ミッドシップ 2名 3 568〜 1600万円 933. オプションのコネクト・プラスモジュールを組み合わせれば、あなたをいっそう先進的なデジタルの世界へ導きます。 心臓部に備わる水平対向4気筒ターボエンジンには、数え切れないほどの勝利をもたらした闘争心と同じ鼓動が脈打ちます。 開発の段階から、ポルシェ テクイップメントの製品にも私達の車両と同じルールが適用されています。 ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)のディスプレイにはカメラの映像と重ねあわせて、ステアリングホイールを切る量に応じて車両の予測進路を示したガイドラインが表示されます。 718ケイマンでは275リッターにおよびます。

Next

ポルシェを選ぶなら911か、それとも718ケイマンか?

Electromechanical power steering 718の各モデルはダイレクトステアリングを採用。 その地位が揺らぐとあらばポルシェというブランドの屋台骨も揺らいでしまう。 718シリーズに乗って、そのことをあらためて感じた。 高負荷時にもより迅速なレスポンスを可能にします。 それを可能にするのが、一貫した軽量化と最適な重量配分。

Next

Porsche 718 ケイマン

ポルシェのエントリー・レベル・スポーツカーの最新版。 さらに優れたバランスの荷重移動特性を生み、あらゆる速度で抜群のトラクションと俊敏性をもたらします。 ブレーキキャリパーはモノブロック構造を備え、軽量化する一方でさらに高い剛性を実現。 新型911のMTもそうである。 つまり、プレミアムサウンドシステムを生み出しているドイツの最高級オーディオメーカーとのコラボレーションです。 そして、快適性や実用性も妥協することなく実現されます。

Next

ポルシェを選ぶなら911か、それとも718ケイマンか?

ワイドトレッド、ロングホイールベースおよび専用のシャシー構造は、極めて精確で俊敏なハンドリングに貢献しています。 コーナー脱出時にパワーをかけると、ムリムリっと、路面のアスファルトがめくれるんじゃないかと思うような後輪のトラクションを感じる。 ペダルストロークは短く、作動ポイントは精確です。 Interior design 直感的なハンドリング、パフォーマンスを追求したエルゴノミクス、そして洗練されたデザイン。 エンジン/ギアボックスエリアの振動を最小限に抑え、ドライビングダイナミクスを妨げるドライブトレインの重量による動きを低減。

Next

ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 ポルシェのうま味が詰まってる

車種の特徴 「718ケイマン」は、ポルシェよりリリースされたミッドエンジンのスポーツクーペです。 このシステムには、装着時に必要なエアバッグ解除装置も含まれます。 PDK仕様車にスポーツクロノパッケージを装着すると、3つの追加機能が備わります。 。 コックピットがキュッとタイトで、ポルシェのなかでいちばん「ポルシェを着ている」感じが強いのもケイマンの魅力である。 3連丸型メータパネルは特徴的なデザインで、中央にレブカウンター、右側に4. しかし、熟練の技術を持つ手から生み出し、誰の心も満たすというフィロソフィは決して変わることはありません。 (車種の特徴およびカタログ情報は、2017年12月時点での情報です) 型式から718ケイマンの中古車を探す 718ケイマン(ポルシェ)のクルマ情報(中古車両)を型式から簡単に車両検索できます。

Next