国立 競技 場 人骨。 新国立競技場の土地に以前に有ったお寺は、何と言うお寺ですか?そのお寺...

東京、新国立競技場から人骨!東京五輪・パラリンピック会場で何が?事件性は?

ルール・注意事項• 実は、都内では今年だけでも1000体近くの人骨が発見されているそうです。 もともと一帯が江戸時代、紀州徳川家の抱屋敷だった経緯も関係しているのでしょう。 今回の報道は、生け贄文化の事を知らない人達が掘り当てたのか、メディアも隠し通す事も出来ず色々と理由をつけて公表する事になったのでは無いかと思います。 遺跡発掘現場らしき写真。 15 ID:oc0rllpA0. 千駄ヶ谷という土地には、過去ふたつの東京オリンピックと徳川家における、根深い因縁が隠されているのです。 。

Next

「新国立」周辺の地中から人骨187体…遺体が埋まっていたことが判明

これらの遺骨の一部は研究のために別の大学の研究者らに提供されることがある。 新国立競技場は、昭和39年の東京オリンピックのメイン会場であった、国立競技場を解体し、新たに建設されているものです。 恐らくかなり栄養状態は良かった可能性がある」 見つかった骨は江戸時代に起きたDVから社会状況までが分かる大事な資料だといいます。 00 ID:AvVJ7FTo0. その前身は、「外苑競技場」(以下、神宮競技場)という名で、大正13(1924)年10月に完成しました。 専門家らは当時の生活を知るうえで重要な研究対象だとして、保管場所の確保を求めていて、文化庁は来年度の概算要求にこうした骨の収蔵庫を新設することを盛り込んでいます。 net 無縁仏にするわけにもいかないし、骨をレゴみたいに組み合わせて なにかしらのオブジェにして新国立競技場に飾ればいいじゃん。

Next

新国立競技場で人骨187体発見で不吉の声?江戸時代は墓地だった!

寺が移転してきた1732年以降に埋葬され、1919年に寺が別の場所に移転する際取り残されたとみられるという。 国立競技場の工事現場などから大量に発見された人骨などの保管に向け、文部科学省は来年度の予算案に新しい収蔵庫の建設に向けた費用として1億3000万円を計上しました。 97 ID:Dvav46Wp0. 「家を建てる土地の四隅に青竹を立て、しめ縄で囲んで祭場をつくり、施主や工事関係者が参列して行います。 機械学習やってると、まじでそう感じるわ。 そんな中、今回の新国立競技場と同じように大会の目玉となるべき「日本武道館」の建設が急がれます。

Next

【人柱】今月完成の新国立競技場から187人分の人骨が見つかる 幼児から高齢者まで様々な年代か

新国立競技場の地下から見つかった人骨は、300年ほど前に亡くなった人の骨だとみられています。 新国立競技場の場所を江戸時代の地図で見ると、日蓮宗立法寺の墓地があった場所でした。 ニュースによれば、江戸時代の地図を見ると、国立競技場のある場所には、日蓮宗立法寺の墓地があったとのこと。 「身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした。 旧国立競技場の前身は、大正13年に明治神宮外苑に開場された、明治神宮外苑競技場です。 普通は、人骨が発見された時点で報道するのが筋です。 16 ID:wp1RlzJG0. 国立科学博物館・坂上和弘研究主幹:「現代人だったら(虫歯は)よくある話なんですけれども、(江戸時代では)そんなによくあるケースではないですね。

Next

【スポーツ】“大量の人骨”が新国立競技場に 意外な事実とは? 187体

もちろんこれは単なるオモシロ記事ですが、まったく無根拠に思いついたアイデアではありません。 調査は都埋蔵文化財センターが13年7月~15年8月、競技場と周辺約3万2千平方メートルを対象に実施。 専門家らは当時の生活を知るうえで重要な研究対象だとして、保管場所の確保を求めています。 16 ID:iqzdSkLg0. ミステリーなのか、事件か、オカルトか。 2014年1月の段階で、次のような記事をネットニュースで書いたことがあります。 なぜ、新国立競技場の地下に187体もの人骨が眠っていたのか。

Next

オリンピックせまる新国立競技場で大量の骨が発見される

その時に出て来なかったとは考えられません。 と言ってもセンスが無いので、ブログを飾るお花は私の作品で代用です。 こういう所にご都合主義と隠匿体質が見える。 聖書に書かれている終末期は、彼らの滅びの時でもあるので何とか先生を倒して、聖書の預言が成就しないようにしたいんだと思います。 「ここ10年間くらいで五輪があるとか大規模開発が行われるということで、急速に人骨が集まり始めてしまって、ちょっと対応しきれなくなってきてる」 引用: 都内でも普段から人骨が見つかっていることがわかりますね。

Next

【人柱】今月完成の新国立競技場から187人分の人骨が見つかる 幼児から高齢者まで様々な年代か

発見されたのは幼児から高齢者まで江戸時代に亡くなった人の骨だといいます。 ようやく完成間近となった2019年11月初めには、「建設現場から187体もの人骨が発掘されていた」というニュースが報じられ、話題となりました。 なんと、建設現場から187体もの人骨が出てきたというのです。 国立科学博物館・坂上和弘研究主幹:「(歯が)めり込んでる状況を考えると、単純に転倒とか転落よりも局所的に暴行を昔から受けていた」 警察から遺体の骨の調査依頼を受けて事件を解決に導いたこともある坂上さんは暴行の可能性をも指摘します。 しっかり供養しましょう。 18 ID:8fA8NOvW0. そんななか、国立科学博物館では今、こんな問題も。 一帯は江戸時代に寺の墓地があり、当時埋葬されたものとみられるという。

Next

新国立競技場地中に人骨発表・なぜ今報告?「建設中にも作業員が確か亡くなってた・・」

という事で、これら以外にも日本の各地で多くの人骨が見つかっています。 54 ID:ex048PwJ0. ホントに全て300年前の人骨だったのでしょうか? 元練兵場の跡地というので、土地の用途変更をする場合、特に人骨以外にも物騒なものが埋められている可能性のある土地なので調査するのが普通です 鉄砲玉や爆薬が埋められていたりする危険性もあります。 仮に何らかの理由で調査が出来なかったとしても、巨大な建物を建てるには広範囲にそして深く穴を掘った筈です。 カゴに入ったアーティフィシャルフラワーなので、生花では無いんです。 長い歴史の中では個人の血の伝承など些末なものなんだろうな。 ところで、何故ニュースで江戸時代のものだからと発表するのでしょうか? 人骨の扱いが、江戸時代のものと明治時代以降のものとでは大きく変わる様です。 この場所には陸軍の青山練兵場がありましたが、それ以前には寺院の墓地があったと言われており、今回見つかった人骨は江戸時代に埋葬されたものとみられています。

Next