ヤマハ ag03。 YAMAHA ( ヤマハ ) >AG03 配信用ミキサー オーディオインターフェイス 送料無料

YAMAHA ウェブキャスティングミキサー AG03 を購入したのでレビュー(使い方メモ)

イヤホン使用時のホワイトノイズですが、マイクのボリュームを最小にしても酷い状態でした。 もちろん、コンデンサーマイクがあった方がもっとクリアに収録できると思いますが。 を使用して配信する場合の設定です。 そこで多くの方々が使用されているAG03に合ったコンデンサーマイクを2つご紹介します。 ext]をダブルクリックします。 しかもそれが2系統もあります! 片方はTSフォン端子、そしてもう片方はRCAピン端子、いわゆる赤白ケーブルってやつです。 わお、結構良い音です! 録音してみた! ヘッドフォンからの音がなかなか良かったので、 録音も期待大。

Next

【図解】ミキサーAG03の詳しい使い方。4つの操作を覚えれば簡単です

「OK」をクリックする。 すると、画面右下に「デバイスのセットアップ」と表示されますので、セットアップが完了するまで待ちます。 続けてゲインのツマミを回します。 マイクがONになった状態で話すと、スピーカーorイヤホンから自分の話し声が同タイムで帰ってくる機能です。 また、AG DSP Controllerでギターアンプシミュレーターを使用することができる点も魅力的です。 といっても、デフォルト状態でも割と使えます。 そこでAG06。

Next

YAMAHA AG03のレビュー。配信の定番!音質はどう?比較音源ありマス

選んだ理由 日本の音響機器メーカー「オーディオテクニカ」が製造しているコンデンサーマイク AG03との組み合わせで良く目にしたのがこの「AT2020」だったので購入。 一例ですが、LOOPBACKではハウリングが起きる場合など、 状況に応じてINPUT MIXとLOOPBACKと使い分けると便利でしょう。 まだマイクブーストも入れてないしボリュームUPの余地はあります。 手持ちの58 betaでも録音してみました。 マイクは 本気のNeumann M149。 モードが3種類あり、用途に応じて柔軟に使い方を変えられる。 両者の差は0. 接続方法は2. 0に接続する• その点はすみません! では、それも踏まえて感想を。

Next

【AG03 レビュー】まさに神機材!YAMAHA AG03がゲーム実況に便利すぎた!!

個人的にはゲーム実況程度であればお遊びでリバーブの設定を弄るくらいでいいのかなと思いますが、色々弄れるので試してみても面白いかもしれませんね。 AG06は、AG03の上位モデルで、入出力チャンネルなどに違いがあります。 又、この機能を使えばSkypeやDiscordで配信先・通話相手に音を送ることができます。 LOOP BACK・INPUT MIX 「TO PC」と書かれた場所に以下3つの機能があるので説明します。 値段はAmazonで1万円前後とマランツのMPM-1000と比べて高かったですが音質がクリアで集音性も抜群に良かったです。 そういう夢があったからか、大学1回生の頃からポツポツと一人でニコニコ生放送なんかで配信したりしていました。

Next

YAMAHA AG03をレビュー。実況・配信に便利なミキサー型オーディオインターフェイス

もし マイクの音をミュートにしたい場合は、このフェードをいちばん下にしてください。 Bandicam の場合の設定例です。 次の手順でも必要になります。 さらに細かな音質をコントロールするソフトも付属しているのでデフォルトの音が気に入らない場合はこちらを試してみるのもおすすめ。 (+48Vのボタン) 3 二つのマイクボリュームを調節する。

Next

【AG03 レビュー】まさに神機材!YAMAHA AG03がゲーム実況に便利すぎた!!

マイクブーストはつかっておりませんが、フェーダーで8割位のボリュームにしております。 その点ご了承くださいませ。 AG DSP Controllerを使わないデフォルト状態だと、どんな感じかはで音源付きで解説していますので参考にしてください。 オーディオやバーチャル音源の録音から編集、ミックスまで、iPad ならではの操作性とCubaseゆずりの充実した機能で曲を素早くかたちにできます。 音質に関して言えば、「X-Fi GO! 中低域にハリと艶を持たせたスムースな質感をベースに、太く、そしてナチュラルな開放感、空気を感じる音の品位を実現しております。 基本的に配信をする時はINPUT MIXの状態にすることが多いです。

Next

YAMAHA ( ヤマハ ) >AG03 配信用ミキサー オーディオインターフェイス 送料無料

Class A マイクプリアンプ D-PRE ヤマハのプロ用音響機器で定評のあるマイクプリアンプ D-PRE を搭載。 スマホ向けに最適化された操作アプリもあるので、音楽用途ではかなり強いです。 YAMAHA ウェブキャスティングミキサー AG03 を購入したのでレビューしたいと思います。 。 マイクが一つしか接続できない あえてデメリットを上げるとすればマイクが一つしか使えない点でしょうか。 「TO PC」スライドスイッチを「 INPUT MIX」にする。

Next

YAMAHA AG03をレビュー。実況・配信に便利なミキサー型オーディオインターフェイス

ゲーム実況では、「 INPUT MIX」または「LOOPBACK」にしておきましょう。 特にエレキギターは、アンプがあってようやくエレキギターのサウンドになるのです。 配信ということは LIVEなわけで。 背面はとてもシンプルです。 スタジオクオリティのプリアンプD-PREを搭載し、ボーカルや楽器の音をありのままに取り込むことが可能です。 USB接続のマイクに比べてノイズが少ない 以前はUSB接続のコンデンサーマイクをそのままPCに差して使用していたのですが、ゲーム中や配信中にPCの動作が重たくなった時にプツプツとノイズが入っていました。

Next