サンドロ トナーリ。 トナーリ、ミランファン公言!「僕のアイドルはガットゥーゾ」

世界が注目する屈指の逸材トナーリ「世界のトップに到達できると信じている」【超ワールドサッカー】

フィジカルコンタクトが苦手なのかなと思うのですが、フィジカルコンタクトの前にいなしてしまうので、そこの技術が素晴らしいですね。 2020年1月31日現在。 イタリアのクラブやアトレティコ・マドリー、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティなどから関心を示されている。 サンドロ・トナーリの身長、体重の正しい数字は? サンドロ・トナーリの身長、体重を調べていると、様々な数字が出てきます。 ただ、出来れば 国内のクラブに移籍してほしいようですね。

Next

トナーリ獲得できなくても彼がいる ユヴェントスが信頼すべき“大黒柱”候補|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

そんなトナーリに対してはユベントスやインテル、バルセロナといった複数クラブが獲得に興味を示しており、今夏の移籍市場での去就が注目されている。 com. セリエAで、サンドロ・トナーリの体型に近い選手について紹介をさせていただきましたが、2選手共に似たようなポジション。 ブレシアの会長としては トナーリの意思を優先する発言をしており、適切なオファーがあれば売却する方針のようです。 そして、もう一人は、ステファノ・センシ。 2018年10月14日閲覧。 ユベントスはドイツ代表MFサミ・ケディラの後釜としてトナーリの獲得を狙っているようだ。

Next

世界が注目する屈指の逸材トナーリ「世界のトップに到達できると信じている」【超ワールドサッカー】

華麗なプレースタイルに似合わない、 泥臭い守備が出来る選手ですね。 net. 2020年2月15日閲覧。 層が厚くなっている中盤のポジションで、サンドロ・トナーリが生き残れるのか?ブレシア、イタリア代表での活躍を楽しみにしています。 育成に定評があるオーストリア・ザルツブルク下部組織出身で、 オーストリア代表としても23試合に出場するなど国際経験も豊富。 2018-2019シーズンには、セリエBで優勝し、セリエAに昇格し、移籍の噂もありましたが、サンドロ・トナーリは移籍せず。 はたしてピルロ2世は新天地としてどのクラブを選ぶのだろうか。

Next

2020 NDS イタリア登場!ロッキングスキルまとめ

プロゾヴィッチは ほぼフル稼働状態でしたし、ここに 有力なバックアッパーが欲しいところではあります。 典型的なレジスタでありつつ、万能型MFに近い現代タイプの選手とでも言いましょうか? サンドロ・トナーリの凄さがわかるプレー動画をどうぞ。 明らかに 今夏の補強ポイントと言えそうです。 その時に、追記します。 サンドロ・トナーリと同じぐらいの身長、体重で活躍しているセリエAの選手は? サンドロ・トナーリと同じぐらいの身長、体重で活躍しているセリエAの選手は、どんな選手がいるのでしょうか? ちなみに設定は、サンドロ・トナーリの身長175cm、体重68kgの設定で行きたいと思います。

Next

【セリエA】2019/20シーズン注目の若手有望選手7人

加入3シーズン目にして急速に成長する男にユヴェントスは賭けてみるべきか。 既に 3,000万ユーロ(約36億円)と ガッビアもしくは プリッツァーリの レンタル移籍というオファーを出したとも言われています。 その際、レンタル料として1200万ユーロを支払い、完全移籍時に2500万ユーロを上乗せするという特殊な形をとっている。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数イタリアメディアが報じている。 サンドロ・トナーリまで獲得する資金があるのでしょうか? 個人的には、バルセロナで見て見たいのですが・・・。

Next

“新ピルロ”サンドロ・トナーリ、セリエB選手ながらイタリア最高のティーンエイジャーに

おおよそなデータは、チームメートが知っていることでしょう。 彼を確保できれば、確かに中盤は長きにわたって安定するだろう。 セリエA1年目の昨シーズンは全38試合に出場。 あとはプレースキック能力がつけばまるでピルロですね。 2019年夏にはユヴェントスやインテル、パリ・サンジェルマン(PSG)など多くのビッグクラブへの移籍が騒がれたが、「ここに残る」と宣言して残留。 守備時には、攻撃時のように体の入れ方が上手く、ガツガツ行かなくてもボールを奪えてしまいます。 身長168cm、体重62kg。

Next

ピルロ氏との比較に言及。19歳のイタリア代表MF「むしろ自分はガットゥーゾに似ていると…」

さらにセンターバックながら 5ゴールを挙げるなど得点力もあり、セットプレーの起点としても優秀。 チャンピオンズリーグで、サンドロ・トナーリのプレーが見られる日を楽しみにしています!. ディディエ・ドログバ2世と呼ばれているが、プレースタイルはかつてミラン・パリSGなどで活躍した ジョージ・ウェアに近い。 計算出来る守備力 本人が 憧れの選手はガットゥーゾと語るように、 闘志を前面に出したディフェンスも持ち味です。 ブレシアのユース出身で2017年8月26日にプロデビューしています。 そして9日、バロテッリは満を持して練習場へ。

Next