ウィング ビーム。 熱砂 ウィングビーム80HS登場❗

熱砂 ウィングビーム 80HS|ルアー|用品|製品情報|シマノ

スピンビームでダメならウィングビーム、またその逆も、というローテーションですかね。 ヒラメミノー、ウィングビーム共にメーカーの数字より少し飛ばない結果となりましたが、よく飛ぶ部類のルアーだと思います。 すでに店頭にて販売されている様子なので、手に入れて使ってみたいですね。 これがバタバタしたらフラッシングはかなり強そう。 今回、私が購入したウィングビームがこちら。

Next

【インプレ】青物爆釣?シマノのウィングビームを使ってみた感想。|釣りあび!

岩やコンに当てると、当然割れるでしょうけどね。 それを 貫通ワイヤーに接続。 4投目…62m• w 巻き心地 巻いていると竿先から手元に「ゴンゴン!」とアクションが伝わってくるので巻きやすいです。 リトリーブ 基本の使い方。 どーも、十平です。 今まで知る限りこんなルアーは無かったよね。 「ウイングヘッド」がこれらの問題を解消、低速リトリーブからルアーがワイドに泳ぎつつ、レンジキープ力も上がるという、よくあるシンキングペンシルのデメリットの解決を図っています。

Next

ウィングビーム 80HSをかっ飛ばせ!アピール力+遠投性能を両立する秘密に迫る

2投目…91m• その結果、梁の鉄骨量が減少するため、従来のウィングビーム工法と同様、現場溶接型ストレート梁と同程度のコストとすることができます。 対して ウィングビームは前後が#4。 そして 「80mmサイズ」という意外と小粒な形状と後方重心設計が飛距離アップに貢献している感じですね。 ちゃんとワイドアクションします。 今回開発した「新型ウィングビーム工法」は、現場溶接型の経済的な利点を保持したまま、ハンチ形状を改善することで耐震性をさらに大きく向上させており、経済性と最高レベルの耐震性を両立させた柱梁接合工法です。 なんでしょうかね?、スピンビームにモヒカントサカが付いているような形状ですけど。

Next

シマノのウィングビームを使ってみたけど、マゴチさんはお留守のようです

どうもゴロモンです。 これくらいの厚みがあれば通常使用で折れることは無いと思います。 でも引いていたら横になったのでウィングを付けた」 ウィングがすごく特徴的ですね。 それはこちら、 熱砂 ウィングビーム80HSです。 通常のシンキングペンシルは泳ぎが弱く、手元に伝える情報が少ないので動きが分かりづらいという課題がありました。 ということでこの中ではウィングビームが一番使いやすかったです。

Next

熱砂 ウィングビーム 80HS|ルアー|用品|製品情報|シマノ

また、条件のいい日に投げてもう一度インプレをしたいと思います。 ヒラメミノーSR150F• まず目に留まるのは、ニワトリのトサカみたいな物体。 またウォブリングアクションが付加されたことは、良いことですね。 という印象。 4投目…95m• ぶっ飛び系のシンペンやメタルジグを超える飛距離です。 リトリーブではなかなか反応しない場合や、魚が付いている範囲が狭い場合などルアーをしっかり見せる必要があるシチュエーションでおすすめです。 なかなか魅力的なルアーがまたもや出現したなと思います。

Next

【インプレ】青物爆釣?シマノのウィングビームを使ってみた感想。|釣りあび!

また、長周期地震動で懸念される揺れの繰り返しに対しては、現場溶接型ストレート梁に比べて最大約11. しかし、このウィングビームは、どうやらウォブリングするシンペンらしく、泳ぎはバタバタと派手に動くらしいです 大きさは80HSっていうくらいなので80mmなのでしょう。 これがバタバタアクションを生むわけですね。 さて、ボディーの厚みはというと、 約 12mmです。 3投目…74m• 塗装が剥げたら、ゴロモンオリカラにすれば良いだけですからね。 近所の魔界で見かけたら、狂鱗シリーズがあれば追加しようかと考えています。 (メーカー説明より) さんの紹介文を記載しましたが、読むかぎりでは特徴的なトサカ頭の「 ウィングヘッド」の効果により、ウォブリングアクションと引き抵抗を得ることが可能になっている様子です。

Next