モンゴメリー クリフト。 モンゴメリー・クリフト

終着駅

ではモンゴメリー・クリフトがエリザベス・テイラーと共演した映画は何かと言うと、それは「アメリカの悲劇」と「愛情の花咲く樹」と「去年の夏突然に」だ。 追悼ミサ 三日目 - 1966年07月25日 追悼ミサ 七日目 - 1966年07月29日 追悼ミサ 三十日目 - 1966年08月21日 死者記念のミサ 一年目 - 1967年07月23日 死者記念のミサ 十年目 - 1976年07月23日 死者記念のミサ 二十年目 - 1986年07月23日 死者記念のミサ 五十年目 - 2016年07月23日 死者記念のミサ 百年目 - 2066年07月23日 死者記念のミサ 二百年目 - 2166年07月23日 死者記念のミサ 三百年目 - 2266年07月23日• しかし彼はハリウッドではその世界の人たちとは一切つき合わなかったというし、パーティーなどにも一切出なかったと言う。 一九五三年の『地上より永遠に』(フレッド・ジンネマン監督)でもクリフトは軍隊の中のローナーを演じている。 クリフトは俳優界の反逆児であり、パイオニアだった。 Foxhole in the Parlor 1945• また主人公プルーイット二等兵(クリフトが演じる)の相手の売春婦はクラブのホステス(ドナ・リードが演じる)に変えられ、メロドラマとなっている。

Next

終着駅

ちなみに舌に突き刺さった歯は、駆けつけた エリザベステイラーがなんとか 抜いたものの、今度は舌が巻き込まれて窒息しそうになるという 危ない交通事故でした 顔の麻痺が残ったものの役者に復活した モンゴメリークリフトはん。 辞退した作品の中には、『シェーン』、『サンセット大通り』、『波止場』、『エデンの東』、『見知らぬ人でなく』、『白鯨』などがあったという。 [3]• 」という言葉 以上のように彼はハリウッドの映画史に残るような作品に出演しているわけだが、ある有名な映画評論家が映画を志す若い人たちと話した時にモンゴメリー・クリフトの話をしたら「それは何処のクリフ(最近話題になった中国映画「レッド・クリフ」のことだろう)ですか?」と訊いてきたと言う。 128• 同僚で親友役のフランク・シナトラが殺されたので彼の敵をとって軍を脱走するところを射殺されてしまう。 [3]• 署長 - ジーノ・チェルヴィ 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 版 版 メアリー・フォーブス ジョヴァンニ・ドリア ポール• 彼がトップ・スターになるのは『陽のあたる場所』(一九五一)である。

Next

モンゴメリー・クリフト ー 名監督たちがこぞって起用した2枚目俳優 ー 20世紀・シネマ・パラダイス

ベストテン第5位。 脚色はダニエル・タラダッシュ、撮影はバーネット・ガフィ、音楽は「情炎の女サロメ」のモリス・W・ストロフの担当。 「ケイン号の叛乱」「愛情の花咲く樹」のエドワード・ドミトリク監督による、「地上より永遠に」「裸者と死者」にならぶアーウィン・ショウの戦争文学の映画化。 (右の写真) 『私は告白する』 と 同年には、の 『終着駅』、フレッド・ジンネマン監督の 1953年) も 公開され、『地上より〜』で、3度目のオスカー候補にもなった。 五十年代の一つの典型といわれるのはローナー、つまり独身者で、まわりと離れて一人暮らしをする一匹狼(ローン・ウルフ)である。 1961年の『』ではにノミネートされ、その後の活躍も期待されたが、1966年にで死去した。

Next

モンゴメリー・クリフトとは

十日祭 - 1966年08月01日 二十日祭 - 1966年08月11日 三十日祭 - 1966年08月21日 四十日祭 - 1966年08月31日 五十日祭 - 1966年09月10日 一年祭 - 1967年07月23日 三年祭 - 1969年07月23日 五年祭 - 1971年07月23日 十年祭 - 1976年07月23日 二十年祭 - 1986年07月23日 三十年祭 - 1996年07月23日 四十年祭 - 2006年07月23日 五十年祭 - 2016年07月23日 百年祭 - 2066年07月23日 百五十年祭 - 2116年07月23日 二百年祭 - 2166年07月23日 三百年祭 - 2266年07月23日 キリスト教式の場合• 飲酒の上での居眠り運転だったとされている。 12歳年下のとは、当時のハリウッドで、最も美しいカップルと評され、私生活においても固い友情で結ばれることとなった。 1950 年から 1960 年代にかけて彼の映画をたっぷり観てきた私たちの世代にとっては彼を忘れられない存在だし、彼の映画なくして我が青春は語れない。 モンゴメリーに仕事がなかった時、 エリザベステイラーが大枚を払って モンゴメリーを自分の映画にキャスティングさせたりしていました。 そんな マットボマーはん、もうみなさんもご存知のとおり 男性専門のゲ イのお方でございます。 そのナイーブな瞳は、あのジョン・ウェインを出し抜くほどの奥深さであった。

Next

「モンゴメリー・クリフトのこと」 映画研究 三浦忠夫

2.彼の経歴 モンゴメリー・クリフト ( Montgomery Clift, - )は、出身の俳優。 日本でも大ヒットした。 主演は「愛しのシバよ帰れ」のバートランカスター、「終着駅」のモンゴメリー・クリフト、「クオ・ヴァディス」のデボラ・カー、「ネバダ決死隊」のドナ・リード、「錨を上げて」のフランク・シナトラで、フィリップ・オーバー、アーネスト・ボーグナイン、ミッキー・ショウネシー、ハリー・ベラバー、ジョン・デニスらが助演する。 実際のところ、彼が演じた役は反抗的というより道徳的であり、己の志やポリシーを貫き、旧弊と対峙しようとするタイプが多かった。 リズは『陽のあたる場所』でモンティの影響を受けて演技開眼したと言われているが、それを裏付けるように、『愛情の花咲く樹』でも『去年の夏 突然に』(1959年)でも素晴らしい演技を披露した。

Next

モンゴメリー・クリフト ー 名監督たちがこぞって起用した2枚目俳優 ー 20世紀・シネマ・パラダイス

撮影後、モンティは1966年7月に心臓発作で亡くなり、映画は死後公開された。 月別インデックス• あの「アメリカの悲劇」のラストで電気椅子での死刑が決まったモンゴメリー・クリフトを刑務所を訪ね鉄格子をはさんで言った台詞がいまだに忘れられない。 モンゴメリー・クリフト、一九五〇年代の肖像 モンゴメリー・クリフトの知的で繊細な美しさは、1950年代とともに去り、ハリウッドはそれを再び見出すことはなかった。 そしたらジェニファーは、「『風と共に去りぬ』以上のもの作って下さい」言ったのね。 悲劇のヒーローとして矮小化されていたかもしれないモンティーの、俳優としての功績や人物像が伝わってくる。 しかもわずかな年数の内に3本もの映画で恋人役を演じるわけだから映画を離れたってなるべくようになるだろうと思うのは当然だが、そうはならかった。

Next